ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ソフトバンクG(9984)今後の値動きは?= ライジングブル藤村

藤村哲也
藤村哲也 勝率:40%(35勝52敗) パフォーマンス:-52.9 5
株による財産形成を誰でも可能に!
ライジングブル投資顧問で代表を務める藤村は中国株、日本株の助言を3万人以上に行ってきた実績を持ち,株による資産形成をサポート。オールアバウト株担当ガイド。元UFJつばさ証券で部長代理をつとめ、現在ライジングブル投資顧問で代表取締役を務める。
予想終了
  • 日本株 予想期間4月15日~4月19日

    始値(11,590円)→終値(11,545円)

    この予想!自信あり

    【買い】ソフトバンクG(9984)今後の値動きは?= ライジングブル藤村

    4月14日(日)10時42分みんなの株式
ディーリング銘柄として注目
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
4/17 追記分

今週は11590円でスタートし、12085円が一昨日は高値。4/17は一時11560円まで売られましたが14時20分現在11745円へと切り返し。

4月12日(金)の終値は11475円。

先週はウーバーが上場申請を行ったことが、株価を刺激し、上昇。ウーバー上場は5月になりそうで、筆頭株主であるソフトバンクグループは当面目が離せない。

4月15日(月)から始まる週のディーリング銘柄として、ソフトバンクグループ株に注目したい。

4月12日(金)の出来高は1300万株、12日の売買代金は1400億円を超えてきました。取り組みも好転してきており需給も改善傾向にあります。

4月15日(月)から始まる週は11000円から12500円のレンジを想定したい。

寄りが高ければ押し目狙い。11200円台11300円台くらいの押し目を狙いたい。

ただ、ロスカットや利食い売りはこまめに行うことが重要。

ロスカットは明確にした取り組みで、臨機応変な売買に対応できるディーリング経験の豊富な中上級者向き。

高値警戒感と大型連休前ということもあり1週間で数%の小幅な鞘取りを想定。

1.3倍、1.5倍などの大きな値幅取りとは戦略も資金も分けることがお薦め。

短期の鞘取りについて一部誤解している方もいらっしゃるようですので、説明しておきます。

短期の鞘取りとは1日や1週間で数%の利益を取る(鞘を抜く)ために買って売って、損益を確定していくことを指します。買って売っての鞘が小さく、1%でも2%でも利益は利益です。小幅な鞘取りを目的とした売買です。勿論、ロスカットもこまめにすることが求められます。

一方、大きな値幅取りとは20%や50%、2倍3倍などの大きな利益を確定していくことを指します。

両者は売買の仕方も、銘柄も、保有期間も、売買の頻度も、大きく異なりますので、この二つは区別することが重要です。

最終更新:4月17日(水)14時24分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ