ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ブロードバンドタワー(3776)希薄化を織り込み下値固め、次なる材料発表で反転なるか◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:50%(91勝90敗) パフォーマンス:+32.0
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間4月15日~4月19日

    始値(291円)→終値(284円)

    【買い】ブロードバンドタワー(3776)希薄化を織り込み下値固め、次なる材料発表で反転なるか◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    4月12日(金)17時52分みんなの株式
希薄化を織り込み下値固め、次なる材料発表で反転なるか
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:情報・通信業
時価総額:150.84億円
PER:0.00倍
PBR:2.05倍

 都市型データセンター運用が主力で、データセンターやクラウドサービスに加え、ビッグデータソリューション、動画配信サービス等を展開する。昨年8月に5G対応のデータセンターを開設し、IoTやAI関連に注力する。足元では1/25に第2期工事の開始を発表し、今年9月の完了予定としている。

 業績面においては未だ赤字解消には至っていないものの、大口の受注獲得などを背景に売上高は大きく伸びている。今期も経常赤字計画となっているが売上高は2倍以上を見込み、次回5/10の第1Q決算発表に注目が集まる。

 株価は足元で豪マッコーリー・バンク・リミテッドを割当先とする第三者割当増資を実施し、200日移動平均線近くまで下落している。潜在的な希薄化率は最大14.90%とされ、直近はそれを織り込んだ株価水準となる。前回の大口獲得に続く案件獲得や追加材料の発表に期待しつつ、今週はじっくりと仕込んでいきたい銘柄と言える。

最終更新:4月12日(金)17時52分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ