ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】アルファクス・フード・システム(3814)短期的な下値模索も売り圧力は限定的、出直り期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:47%(84勝94敗) パフォーマンス:-19.7
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間3月27日

    始値(1,454円)→終値(1,524円)

    この予想!自信あり

    【買い】アルファクス・フード・システム(3814)短期的な下値模索も売り圧力は限定的、出直り期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    3月27日(水)8時27分みんなの株式
短期的な下値模索も売り圧力は限定的、出直り期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:情報・通信業
時価総額:35.79億円
PER:14.02倍
PBR: 3.09倍

 外食業界に特化したASPサービスを手がけており、飲食店経営管理システムとして自動発注およびレシピ管理で食材ロス圧縮を図る経営コスト改善ソフトを提供する。飲食の多様な業態に対応するコンパクトタイプのセルフレジを推進。

 今期の業績においては先日2/13に第1Q決算を発表しており、既存顧客の出店ペースが落ち着いたことなどを主因として赤字転落。好調続きだった本業に影を落とす結果となったが、同社は現在新たな事業としてエネルギーコスト削減事業に進出している。日栄インテックとの業務提携を通じ、多角化で収益基盤の安定を図る。

 株価は直近で四季報手がかりに上値を試す場面もみられたが、勢い不足で沈静化の動き。しかし、足元では積極的に下値を売り叩く動きも限定的で、それほど売り圧力は強くないとみられる。前回の実体で抜け切れなかった75日移動平均線にトライし、定着できると2月急落時に開けた窓埋めも期待できるとみる。昨日からの反転の流れを活かして出直りに向けた仕込みを再開したい。

11:20追記 前場は出来高の伴う上昇となっている。まずは200DMA上抜けなるかに注目。

最終更新:3月27日(水)11時23分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ