ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

“ハト派⇒ドル売り”はすでに終了…!?

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間3月23日

    “ハト派⇒ドル売り”はすでに終了…!?

    3月22日(金)11時25分みんなの株式
◆想定以上にハト派 - ドル売り加速
※ご注意:予想期間は3月23日と表示されていますが、本日(3月22日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


確かにFOMCを機に“200日移動平均線”からは放れました。
しかしそれは期待した“上方向”ではありませんでした。

注目のFOMCは“ハト派”、それも“思惑以上(0回&B/S縮小は5月から半減、9月末で停止)”に傾斜したものでした。
この影響から米10年国債利回りは“昨年1月以来の2.50%割れ”を窺い続け、実際に“割り込む”場面も見られました。
“米金利安⇒ドル売り”ばかりが目立ったドル円は、昨日欧州タイム序盤にかけて“110.297円”へと下値を拡大しています。
◆タイムラグを経て“株高⇒リスク選好”も健在…
一方“金融株下落”が響いたFOMC当日の米株式でしたが、昨日は大きく反発しています。
“ハイテク株上昇”&“軒並み強めとなった米経済指標”が主な要因ですが、米金利先高観後退(消滅?)を好感する“株高⇒リスク選好”がようやく入った格好ともいえます。
これに“(ポンド主導の)欧州通貨売り⇒ドル買い”も加わったことで、昨日のドル円は“一転して買い戻し”が優勢でした。
こうして本稿執筆時には、“110.90円水準”へと押し戻されています。
◆年度末を控えた週末 - 「動きづらい」と見るのが自然…?
“年度末を控えた週末”という状況を鑑みれば、「本日は動きづらい」と見るのが自然ということになります。
“金利面から見たドル売り VS リスク観点から見た円売り”が交錯(拮抗?)している状況も
、こうした見方を後押しすると見られます。
“Brexitを巡る思惑(懸念)”が気にならないといえば嘘になりますが、それがドルに与える影響は「限定的」と見るのが自然でもあります。
テクニカル的に“200日移動平均線を下放れ⇒さらなる下値懸念”も囃されやすいと見ますが、「“ドル売り一巡”への思惑」が相殺する可能性は増しつつあります。

本日は「いったん様子見」としますが、「“ハト派⇒ドル売り”はすでに終わった…!?」と見て、年度末ウィークの来週に備えたいところです。
◆ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:111.449(200日移動平均線)
上値4:111.298(20日移動平均線、ピボット2ndレジスタンス)
上値3:111.195(日足・一目均衡表基準線、100日移動平均線)
上値2:111.099(日足・一目均衡表転換線、20週移動平均線、ピボット1sレジスタンス)
上値1:110.955(3/21高値、50週移動平均線、大台)
前営業日終値:110.792(-1σ、100週移動平均線、20月移動平均線)
下値1:110.702(週足・一目均衡表先行スパン上限)
下値2:110.574(月足・一目均衡表先行スパン上限)
下値3:110.404(50日移動平均線、-2σ、ピボット1stサポート)
下値4:110.255(2/15安値、3/21安値、週足・一目均衡表転換線、1/31~3/5の50%押し水準)
下値5:110.062(月足・一目均衡表基準線、ピボット2ndサポート)

※ユーロ円やユーロドルなど、他の通貨ペアの抵抗・支持ラインは〔一週間の為替市場を分析!マーケット・チェックWebセミナー〕にて公開中。

11:59 ドル円 抵抗・支持ライン追加

最終更新:3月22日(金)11時59分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ