ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

FOMCで111円台から抜け出せるか=外為どっとコム総研 神田卓也

神田卓也
神田卓也 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
広範な知識と精緻な分析が光るマーケットの匠
株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 証券株式会社を経て、1991年㈱メイタン・トラディション入社。インターバンク市場にて、為替・資金・デリバティブ等の取引業務を担当し、国際金融市場に対する造詣を深める。2009年同社入社。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間3月21日

    FOMCで111円台から抜け出せるか=外為どっとコム総研 神田卓也

    3月20日(水)15時56分みんなの株式
FOMCで111円台から抜け出せるか
【基調】
 方向感模索

【目先の注目材料】
・3/20 米FOMC(声明と経済・金利見通し)、パウエルFRB議長会見
 ・主要国株価、米長期金利
  
【本文】
本日は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利などを盛り込んだ声明文を発表する。政策金利であるFFレートは2.25-2.50%に据え置かれる事が確実視されており、今後の利上げに関するスタンスが焦点となる。具体的には、金利見通しで示される今年と来年の利上げのペースが最大の見どころだ。従来の見通しでは2020年にかけて合計3回(19年2回、20年1回)の利上げを見込んでいたが、今回これが下方修正されると見られている。

明確な市場コンセンサスこそないものの、合計2回への修正なら概ね予想通り、1回なら市場はハト派色が強めのメッセージと受け止めるだろう。なお、可能性は低いが、0回(利上げ停止=超ハト派)や3回(従来スタンス堅持=タカ派)なら「ビッグ・サプライズ」となる。その他、経済見通しで示される成長率予測やインフレ予測なども材料視される可能性がある。また、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見トーンにも注意を要する。

ドル/円は、3月以降の値幅が1.4円弱(安値110.77円前後、高値112.13円前後)しかなく、ここ1週間以上は111台でのもみ合いが続いている。こうした持ち合い相場を離れるきっかけとなるかという点においても今回のFOMCが注目される。

最終更新:3月20日(水)15時56分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ