ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ナノキャリア(4571)遅れ咲きのバイオ株、材料発表で再び高値圏目指す◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(134勝154敗) パフォーマンス:+7.0
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間3月20日

    始値(495円)→終値(483円)

    この予想!自信あり

    【買い】ナノキャリア(4571)遅れ咲きのバイオ株、材料発表で再び高値圏目指す◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    3月20日(水)8時21分みんなの株式
遅れ咲きのバイオ株、材料発表で再び高値圏目指す
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:医薬品
時価総額:223.27億円
PER:0.00倍
PBR:3.99倍

 がん領域に特化した創薬ベンチャーでミセル化ナノ粒子技術によるがん新薬の開発を行っている。先日、遺伝子治療薬「VB-111」の学会発表を好感して急動意。パクリタキセル内包高分子ミセルの論文掲載によっても出来高を集めた。

 業績面においては未だ赤字解消に至っておらず、今期も増収減益と改善待ちだが赤字幅は大幅に改善傾向にある。臨床開発や研究費の費用計上が重しとなるが上記遺伝子治療薬「VB-111」のライセンス収入などが売上高を押し上げた。なお、遺伝子治療薬VB-111は、導入先のVBL社により、米国を中心とした開発が進んでおり、卵巣がんを対象とした第III相試験も進んでいる。

 株価は先週から動意づいて上下に激しい値動きとなっている中、昨日VBL社によれば上記の遺伝子治療薬「VB-111」について卵巣腫瘍に対する強力で持続的な反応を誘導する可能性があるデータが確認されたとの発表があった。東証での適時開示はなされていないものの、期待度の大きい新薬のパイプライン進展を好感して強気資金が集まりそうだ。

最終更新:3月20日(水)8時30分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ