ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ベネッセ・ホールディングス(9783)

堀篤
堀篤 勝率:38%(13勝21敗) パフォーマンス:+11.0
証券マン、上場企業役員、投資家、3つの視点が強み
野村證券、上場企業2社(タカラトミー、インデックス)の役員を経て、2007年、日本マネジコを設立。上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業を行う。著書に「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」など、証券アナリスト検定会員
予想終了
  • 日本株 予想期間3月18日~3月22日

    始値(2,885円)→終値(2,906円)

    【買い】ベネッセ・ホールディングス(9783

    3月18日(月)8時36分みんなの株式
同業界のリード役
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
進研ゼミを運営する通信教育大手。
過去、個人データ流出問題などの影響で、2017年3月期までは業績が低迷していたが、2018年3月期は大幅増益(営業利益が76億円から126億円へ)を達成し、復活の環境は整ってきた。今3月期も150億円の営業利益を見込んでおり、同社が再び成長力をつけ、株式市場でも評価が変わってくる可能性は高い。
 同社の成長性を評価する場合、今後の小学校~高校までの英語教育改革、働き方改革に伴う生涯教育(リカレント教育)の必要性による市場の成長を見逃すことは出来ない。
今後の日本労働市場のグローバル化などを考えると、語学力に優れた人材が優先的にマネジメントの立場を獲得することが多くなることは間違いなく、英語力、多国語力などが、即就職、キャリア形成に影響するようになるだろう。また、語学力の向上は、小学生、あるいはそれ以前の教育を改革しなければ効果は無い。
そこで、政府は、「2020年英語教育改革」として、英語教育の仕組みを根本的に変え、4技能(話す、聞く、読む、書く)のバランスを重視したカリキュラムや成績評価に大きく舵を切ろうとしている。
 こういった英語学習などの関連企業はいくつかあるが、ベネッセは、幼児・学童への教育実績が豊富であり、リカレント教育にも力を入れており、同業界のリード役となるだろう。
株価は、2017年後半から2018年前半は3500円から4500円のゾーンにあったが、その後2500円台まで下落し、今年に入ってから徐々に安値を切り上げている。先週(終値2873円)は、3175円から2823円までの短期的な調整がほぼ終了した可能性があり、狙いどころに来たと思われる。

最終更新:3月18日(月)8時36分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ