ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】WTI原油<1671>岡安商事・玉川博一

玉川博一
玉川博一 勝率:64%(9勝5敗) パフォーマンス:+19.4 2
勝って奢らず、負けてひるまず
TOCOM認定石油アナリスト。関学卒業後、三井物産Fにて商品市場のマーケット分析に従事。ディーリング経験後、平成20年より岡安商事㈱上席アナリスト。現在岡安商事㈱法人部課長。サッカー3級審判員、JFA公認D級指導者。
予想終了
  • 日本株 予想期間3月15日

    引き分け

    【買い】WTI原油<1671>岡安商事・玉川博一

    3月15日(金)2時49分みんなの株式
2月のOPEC産油高3054.9万バレル/dayと減産拡大で需給タイト化。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
OPEC産油高推移

OPEC産油高推移

昨晩OPECから発表された月次報告によると、2月のOPEC産油量は日量3054.9万バレルと前月から22.1万バレルの減少となり、今年に入っての減産幅は100万バレルを超える。サウジアラビアの産油量が日量1008.7万バレルと前月から8.6万バレル減となり、協調減産のリーダーシップを発揮、サウジのやる気、本気度がうかがえる。米国制裁中のイランが日量274.3万バレルとほぼ横ばい。同じく独裁制政権で制裁中のベネズエラの産油量が日量100.8万バレルと前月から14.2万バレルの大幅減少、世界最大規模の埋蔵量を誇るが2、3年前の生産量に比べほぼ半減、この国終わってるぜ。
今後、供給不足になる。
世界石油需給バランス(最新OPEC月次報告から)

世界石油需給バランス(最新OPEC月次報告から)

3月OPEC月次報告の2019年世界石油需要見通しは、日量9996万バレルと、世界的な景気減速、不透明感から前月から4万バレル下方修正としたが、非OPECの生産量を6950万バレル(前年比+233万)の見通しでOPEC生産量は3046万バレル(前年比-109万)あればバランスするとした。ということは2月の産油量から、あと8万バレル程度減らせばいい。3月4月のサウジアラビア産油量は日量1000万バレル以下までさらに減産することをファリハエネルギー相は表明しているので逆に供給不足となる。さらに報道によると4月のOPEC臨時総会でも減産は継続される見通しとなっている。
原油関連は買い。

最終更新:3月15日(金)2時49分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ