ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

今週の米ドル/円予想 ISM非製造業と雇用統計に注目(3/4週)

山口哲也
山口哲也 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
為替、株価指数のチャート分析で大人気!!
株式会社フジトミ 国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト
金融機関でアナリストとして経験を積んだのち株式会社フジトミ入社。幅広い手法を網羅した緻密な分析とわかりやすい解説が好評。日経CNBC・東京MXテレビ等メディア出演多数。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間3月5日

    今週の米ドル/円予想 ISM非製造業と雇用統計に注目(3/4週)

    3月4日(月)11時47分みんなの株式
【先週のドル/円の動向と今週の主要イベント】
今週の主要経済指標

今週の主要経済指標

先週の米ドル/円(TFX)は続伸。週初110.710で寄り付いた米ドル/円(TFX)は、米第4QGDPが2.6%と市場予想の2.2%を上回る結果となったほか、シカゴPMIも64.7(市場予想57.5、前回値56.7)と強い結果となりました。印パの緊張感の高まりやライトハイザーUSTR代表の議会発言、米朝首脳会談の決裂など、ややリスクオフに傾く局面もありましたが、週末にかけて米中貿易問題の改善や米長期金利の上昇などもあり、週末にかけて112円台にトライする展開となりました。
なお、週末に発表されたISM製造業景気指数は54.2(市場予想55.8、前回値56.6)と2年3ヶ月ぶりの低水準に低下弱い結果だったことで112円を割れ111.995で引けました。

今週の主要経済指標は以下のとおりです。特に注目すべきは2月ISM非製造業景況指数、ECB理事会、2月の米雇用統計に注目です。先週は週半ばまでの米経済指標は強い結果となりましたが、週末の指標は米経済の陰りをイメージさせるものとなりました。
一部では寒波の影響で一時的という見方もされていますが、今週発表される経済指標でこのあたりを確認していきたいところです。
また、印パ間の緊張の高まりやコーエン氏の議会証言などは今後リスクオフに繋がる可能性もあり注意が必要です。
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

米ドル/円の週足チャートです。
先週の米ドル/円は日々線が26週移動平均線(赤い線)を上回り、ストキャスティクスも上昇傾向のまま50%を超上回る水準で推移しているため、引き続き底堅い展開が考えられます。
目先のサポートは111.644に位置する26週移動平均線でその下は111円前後が次のサポートとして意識されます。
レジスタンスは112.09で押し目買いを考えたいところです。
【日経225(TFX) 日足 チャート】
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

米ドル/円の日足チャートです。
一方日足チャートは以前からお伝えしていた200日移動平均線を先週日々線と遅行スパンが上回り、トレンド的にはあく抜け感があります。
ただし、ストキャスティクスが高い水準に位置していることから、200日移動平均線や転換線をバックに押し目買いを考えたいところです。

このコメントはテクニカルアナリスト山口の個人的な見解で、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

最終更新:3月4日(月)11時47分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ