ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】神戸物産(3038)好需給を背景に独身独歩の上値追い街道をひた走る◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:47%(84勝94敗) パフォーマンス:-19.7
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間3月1日~3月29日

    始値(3,815円)→終値(4,200円)

    【買い】神戸物産(3038)好需給を背景に独身独歩の上値追い街道をひた走る◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    2月28日(木)17時55分みんなの株式
好需給を背景に独身独歩の上値追い街道をひた走る
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:情報・通信業
時価総額:2599.2億円
PER:18.75倍
PBR: 6.02倍

 冷凍食品や大容量パックなど食材販売の「業務スーパー」をフランチャイズ展開。その他に自社直輸入商品を取り扱う「GALLEON」や日本最大のバイキングチェーン「WORLD BUFFET」などの事業ブランドを抱える。食品工場のM&A推進で自社工場によるPB商品の増強に注力。

 業績は主力の業務スーパー事業で新規出店攻勢をかけるほか、既存店の収益拡大も貢献して好調が続く。さらに利益率の高いPB商品を中心に販売キャンペーンを積極展開、さらに自社輸入商品の拡充などにも力を入れている。次回の第1Q決算は要注目となりそうだ。

 株価は2/21に今年1月の月次業績が発表され、翌22日に年初来の高値を更新。その後も業績に対する期待感から堅調な上昇を見せている。業績の伸長とともに中長期的な右肩上がりを続けてきた同社の上値はまだ天井が見えない。仮に3/14の決算発表を機に、材料出尽くし感といった売りのタイミングに使われる可能性もありそうだが、下押しは一時的なものにとどまるとみられる。
逆に、需給面が良好なことから上昇に弾みがつくことも考えられよう。

(2/28現在)

3/19追記 3/14の19年10月期1Qでは、前年同期比19.8%増の40.4億円。主力のクックイノベンチャー事業において「肉匠坂井」が順調に店舗数を伸ばし、売上にも貢献している。

最終更新:3月19日(火)11時34分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ