ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】ミクシィ(2121)に注意したい。決算内容が冴えず。

藤崎慎也
藤崎慎也 勝率:52%(195勝177敗) パフォーマンス:-26.1
材料とテクニカルを融合した高的中率の銘柄を提案!
フィデリア株式会社、代表取締役兼投資助言者。当人も個人投資家上がりの投資家であり、個人投資家好みの銘柄を選択可能。銘柄の材料性とテクニカルを意識した的中率の高い銘柄選択が人気。短期から長期銘柄まで幅広い視野の銘柄をチョイスし、お届け致します。
予想終了
  • 日本株 予想期間2月18日~2月22日

    始値(2,757円)→終値(2,739円)

    【売り】ミクシィ(2121)に注意したい。決算内容が冴えず。

    2月18日(月)8時20分みんなの株式
決算内容が冴えず。今後のアプリ情勢は厳しいものになる可能性が高い。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
昨日の予想通り、決算内容は冴えてなかった。

営業利益ベースでは、2018年から3ヶ月毎の四半期決算を見ると、

【2018年営業利益変化】
約245億円(1-3月)
約110億円(4-6月)
約97億円(7-9月)
61.7億円(10-12月@今回の決算発表数値)

この数値の流れで、昨年の売上ランキング1位を取得している事から、2019年以降は、予想以上に崩れる可能性が高いと予想。

<2018年スマホアプリ売上ランキング>
https://blog-imgs-96.fc2.com/y/a/r/yarakan/DdsKqck.jpg

2019年を現状維持の60億円ペースで年間240億円利益でEPS240円
その他のアプリ同様な落ち込みを考慮すると、EPS150円程度まで覚悟必要か。

その場合は、武器の配当にほぼ全額を回す必要が出てくる為、次の一手を模索する必要が出てくるだろう。

ガンホーのパズドラも一時期PERは4倍まで売られた事もあり、アプリ市場の人気離散は早く、世界で数億人が無料プレイを行っている「荒野行動」などが、若者の中で社会現象となってきており、有料課金の見直しや、今後のRMT市場という実力でお金が稼げるアプリの時代へ突入して来てる事から、課金メインのアプリ系は危機的な状況になると予想し、今週は売り目線としたい。

最終更新:2月18日(月)8時20分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ