ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】原油ブル<2038>岡安商事・玉川博一

玉川博一
玉川博一 勝率:40%(2勝3敗) パフォーマンス:-1.3
勝って奢らず、負けてひるまず
TOCOM認定石油アナリスト。関学卒業後、三井物産Fにて商品市場のマーケット分析に従事。ディーリング経験後、平成20年より岡安商事㈱上席アナリスト。現在岡安商事㈱法人部課長。サッカー3級審判員、JFA公認D級指導者。
予想終了
  • 日本株 予想期間2月18日~2月22日

    始値(1,534円)→終値(1,578円)

    【買い】原油ブル<2038>岡安商事・玉川博一

    2月17日(日)11時02分みんなの株式
サウジ減産幅拡大で供給過剰解消へ。
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
サウジアラビア産油高推移(OPEC2次情報ベース)

サウジアラビア産油高推移(OPEC2次情報ベース)

週末のWTIは4日続伸。3月限が1.18ドル高の55.59ドルで終了。
世界最大規模のサウジアラビアの日量100バレル以上を誇るサファニア油田の一部が操業を停止しているとの報を受けて買いが優勢となりました。
先週のOPECの月次報告によると1月のOPEC産油高(OPEC2次情報ベース)は日量3080.6万バレルと前月から79.7万バレルの2ヶ月連続大幅減少となった。主にサウジが35万バレル減、UAEが14.6万バレル減、クェートが9万バレル減と頑張って減産した。イランはほぼ横ばいの-0.4万の減少。供給過剰が解消へ向かいつつある。またサウジ・ファリハエネルギー相は3月の原油生産は日量1000万バレルを下回る980万バレル規模との見通しをFT紙のインタビューで示しました。サウジの本気、やる気が伺えます。
他にもベネズエラの減産見通しのほか、リビアやナイジェリアの生産にはリスクがたえずつきまとっており、下支え要因となっています。
目先WTIは10/3高値76.9ドルから12月安値42.36ドルの半値戻し59.63ドルあたりまで戻す場面も十分ある。
原油関連は買い。

最終更新:2月17日(日)11時02分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ