ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ピックルス・コーポレーション(2925)

堀篤
堀篤 勝率:44%(12勝15敗) パフォーマンス:+23.7
証券マン、上場企業役員、投資家、3つの視点が強み
野村證券、上場企業2社(タカラトミー、インデックス)の役員を経て、2007年、日本マネジコを設立。上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業を行う。著書に「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」など、証券アナリスト検定会員
予想終了
  • 日本株 予想期間2月12日~2月15日

    始値(2,017円)→終値(1,966円)

    【買い】ピックルス・コーポレーション(2925

    2月12日(火)8時46分みんなの株式
稀にみる優良銘柄
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
「ご飯がススム キムチ」シリーズを始め、浅漬けやキムチ製品を製造販売する企業。セブンイレブンを中心に総菜として販売し、浅漬け製品では国内トップシェアを誇る。
原材料価格の変化に影響を受ける業態だけに、数年前まで不安定な業績推移を見せていた。2015年2月期には、一旦、営業利益を10億円に乗せたものの、その後、2017年2月期には、営業利益は780百万円まで減少、しかし、2018年2月期には再び10億円超の営業利益(11億31百万円)に復帰した。
 今期は、OEM供給や、ECサイトでの乳酸菌製品、健康製品の販売も開始し、これまでの技術をより活用した戦略を展開している。
今期予想の営業利益13億1百万円に対して第3四半期までは11億60百万円と、88.5%の進捗率であり、上方修正の可能性もあるが、前期第4四半期は利益が上がっていないことを考えると、ほぼ着地通りの数値に落ち着く可能性が高い。
 2月6日には、新規事業として、埼玉県に外食店を出す計画を発表しており、新たな展開として注目しておくべき動向だろう。この店が成功すれば、外食事業をさらに展開していく方向性が出てくるかもしれない。
株価は、ここ10年間ほぼ右肩上がりに上昇している、稀にみる優良銘柄だと言ってよいだろう。業績悪化の局面でもうまく波動を作り、上昇基調を続けてきたことは、驚きに値する。業績悪化時にも配当を増額させる、特有の株主還元政策がその要因の一つかもしれない。
 しかし、昨年の10月から4か月程度、株価は揉んでいる。10月高値は2498円、12月安値は1845円で、その後は三角持ち合いを想像させる動きが続いている。もし三角持ち合いを形成するなら、その中心点は2150円程度だろう。現在の2000円程度の株価はPBR=1.1倍、PER=15.3倍の水準で、その予想成長率を考えれば、割安度は高いと考えられる。

最終更新:2月12日(火)8時46分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ