ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】アドソル日進(3837)連休前の手仕舞い売りに押されるも決算通過後の手替わりは注目◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:45%(166勝202敗) パフォーマンス:-172.9
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
相場の大局的な視野を持ち【的確な個別銘柄の売買指示】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間2月12日

    始値(1,582円)→終値(1,537円)

    【買い】アドソル日進(3837)連休前の手仕舞い売りに押されるも決算通過後の手替わりは注目◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    2月12日(火)8時15分みんなの株式
連休前の手仕舞い売りに押されるも決算通過後の手替わりは注目
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:情報・通信業
時価総額:154.5億円
PER:24.76倍
PBR: 4.12倍

 1976年設立のソフト開発の分野では古い歴史を持つ企業で、宮城県仙台市に開発センターを構える。NTTデータや日立製作所、三菱UFJ銀行など大企業向けのシステム開発で信頼を勝ち取り、技術力は折り紙つき。サイバーセキュリティをはじめIoT、スマートグリッド、地図情報システムなど多彩で旬なテーマ性を持ち合わせる。

 社会システムをはじめとする次世代通信5G等の通信分野や、電力・ガス等のエネルギー分野で活躍し、先進インダストリー事業で自動運転や医療・介護、キャッシュレス化などを推進する開発にも積極参加している。

 株価は直近2/7の第3Q決算発表後、良好な内容を確認した上で材料出尽くし感から売りが先行したものの、下値圏ではしっかりとした買いが入り出来高が増加。先週末の地合い悪化や連休前の手仕舞い売りが出やすいことを加味すれば下値を維持した意味合いは大きい。材料を機に中の投資家が入れ替わる典型的なパターンであり、200日移動平均線の1750円付近にトライしにいくようであればテクニカル指標の好転が支援材料となって上昇を後押しするだろう。

最終更新:2月12日(火)8時15分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ