ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

「★1月15日予想」下落トレンド入りか?

西村剛
西村剛 勝率:54%(83勝68敗) パフォーマンス:+65.9
2012・2013年株-1グランドチャンピオン
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。
予想終了
  • 日経平均 予想期間1月15日

    「★1月15日予想」下落トレンド入りか?

    1月11日(金)19時05分みんなの株式
マザーズ指数に注目
11日の日本株市場は上昇しました。日経平均株価は前日比0.9%プラスの20359円70銭、マザーズ指数は前日比0.4%プラスの889.81ポイントとなりました。為替が円安方向に動いたことや前日の米国株式市場が堅調に推移したことを受け日本株も上昇しました。

11日の上昇により日経平均株価のRSI(9日)は52%、マザーズ指数のRSI(9日)は66%となっており、ともにやや買われ過ぎの水準にまで達してきました。今後のポイントは、日経平均株価、マザーズ指数が「25日移動平均線を超えるか」どうかです。

25日移動平均線は中期なトレンドを表す指標であり、25日移動平均線を上回れば中期的な上昇トレンド、下回れば中期的な下落トレンドとしてよく使われます。そのため25日移動平均線前後では短期的な手仕舞い売りが出る場合が多く、25日移動平均線が上値の目安になることも多いのです。ただこの25日移動平均線を上回ってくると投資家心理が好転し、上昇トレンドに入る場合も多く、25日移動平均線を超えるかどうかがポイントとなってきます。

11日時点における日経平均株価の25日移動平均線は20814円、マザーズ指数の25日移動平均線は899.72ポイントとなっています。マザーズ指数に関しては来週この25日移動平均線を超えるかどうかの境目になっています。仮にマザーズ指数が25日移動平均線を超えてくればもうしばらく上昇トレンドが続きそうですし、25日移動平均線で跳ね返されれば再度下落トレンドに転じるのではないかと考えています。来週はマザーズ指数の動向に注目して下さい。 15日の日経平均株価は相場の転換点が近いと考え大幅安(-100円)とします。

最終更新:1月11日(金)19時05分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ