ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】日本ユニシス(8056):金融機関のシステムが好調◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:43%(165勝215敗) パフォーマンス:-532.0 2
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
相場の大局的な視野を持ち【的確な個別銘柄の売買指示】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間1月4日~1月31日

    始値(2,420円)→現在値(2,676円)

    この予想!自信あり

    【買い】日本ユニシス(8056):金融機関のシステムが好調◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    12月26日(水)14時40分みんなの株式
金融機関のシステムが好調
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:情報・通信
時価総額:2528億円
PER:18.06倍
PBR: 2.14倍

【金融機関のシステムが好調】
金融機関のシステム更新によりソフトウェア販売が好調。顧客のIT資産を管理・運用するアウトソーシング事業も伸びる。システム開発は引合い良好な様子。

【4-6月期(1Q)経常は2%増益】
11月6日に発表した19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結決算は、売上高が1338億2100万円(前年同期比1.5%増)と増収を確保し、営業利益は81億1700万円(同21.3%増)、最終利益は61億9200万円(同31.1%増)と好調だった。システム運用・管理のアウトソーシング事業が好調で全体業績を牽引している。

【IT投資の拡大が追い風】
11月19日に子会社ユニアデックスが、10月1日から東洋大学へ「クラウド型仮想デスクトップサービス」の提供を開始したことを発表した。東洋大学では近年のパソコンを使った授業の増加、パソコン自習利用の増加によって利用環境整備が課題となっている。この課題解決に向けた取り組みの一つとして、ユニアデックスの「クラウド型仮想デスクトップサービス」を7月に採用。稼働試験期間を経てクラウド上に200台分の仮想デスクトップを構築し、アクセスできる環境を整備したとしている。

システムインテグレータ大手。大日本印刷の持ち分法適用会社で、情報システム大手。クラウド事業に注力。

(12/26現在)

最終更新:1月14日(月)9時50分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ