ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】キッコーマン(2801):「しょうゆ」が北米でも好調◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:43%(165勝215敗) パフォーマンス:-532.0 2
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
相場の大局的な視野を持ち【的確な個別銘柄の売買指示】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間1月4日~1月31日

    始値(5,810円)→現在値(5,890円)

    この予想!自信あり

    【買い】キッコーマン(2801):「しょうゆ」が北米でも好調◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    12月26日(水)14時40分みんなの株式
「しょうゆ」が北米でも好調
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:食料品
時価総額:10683億円
PER:41.49倍
PBR: 3.95倍

【機関投資家の大量保有報告を確認】
三井住友信託銀行は12月21日受付で財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、三井住友信託と共同保有者のキッコマン株式保有比率は5.85%→5.92%に増加した。

【6期連続最高益】
11月1日に決算を発表。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比6.1%増の199億円に伸び、従来の1.3%減益予想から一転して増益で着地。

【利益成長の安定性を評価】
国内大手証券会社は同社を「新興国リスクが高まる中で、米国や欧州など先進国での業績拡大が見込める数少ない食品企業である」とコメントし、目標株価を5500円から6700円に引き上げた模様。19年3月期下期にかけて価格転嫁が進むことで収益性が回復すると予想している。

醤油で首位。国内シェア約3割を持ち酒類や食品も展開。北米事業が収益に貢献。

(12/26現在)

最終更新:1月14日(月)9時51分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ