ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

世界的にリスクオフ感が高まる

ひろぴー
ひろぴー 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
脱サラ完了したFX・CFD スイングトレーダー
FXトレードバトルのイベントに各社出場し、有名になったトレーダー。毎度プラスの収益で終わる常勝トレーダーとして人気急上昇!ブログアクセスも毎日5000以上とこちらも大人気。日経平均や金、原油の取引も盛んなトレーダー。
  • コラム [外国為替]

    世界的にリスクオフ感が高まる

    12月22日(土)16時43分みんなの株式
マティス国防長官が辞任
米国のマティス国防長官が辞任します。トランプ大統領とまたウマが合わなかったようです。
そして米国とメキシコの国境にて、壁建設の予算を巡る問題で、中間選挙後ねじれ国会ということもあり、共和党は民主党の賛成票が獲得できません。
そのため、予算が足らず、米国の政府系機関の一部が本日からしばらく閉鎖となりそうです。予算案が通らないままでおりますと、しばらくの間、閉鎖のまま時が経過します。

オバマ政権時代にも同じ現象が起こりましたが、確か数週間に渡って続いた出来事でした。今回はトランプ大統領が相手です。頑なに拒否を続けるのかもしれません。年明けまで一部の政府系機関は麻痺する可能性があります。

米中貿易戦争も続きそうですし、英国はブレグジット、欧州はイタリアの債務問題、フランスの経済成長減速、その他、ベルギーなど、欧州は問題だらけと再びなりはじめました。

そしてここへ来て原油価格の急落です。50ドルを割り込み、産油国の油田はほとんど赤字が続きそうです。中東、ロシアと体力が再び失われるタイミングとなってくるかもしれません。中東が冷え込むとインドも冷え込みます。中国が冷え込むと、オセアニア中心に世界全体の景気が冷え込みます。消去法で残るは、日本だけです。

世界最強の『円』相場がはじまりつつあります。ドル円もクロス円もビットコイン円もすべて円が強いです。その他、米国債とゴールドです。
資金が向かう先はこの3つです。

資本の行き先がないため、市場はこれらの資産を求めて動き始めていると思われます。
ユーロ円週足チャート
ユーロ円の週足チャートを見てみましょう。
売買戦略は売りですが、126.50円で追加のショートをいれました。
第一ターゲットは125円。来年は120円を目指す展開を予想しております。

欧州政治はかなり混沌としてきましたし、フランスの景気減速が如実です。英国も抜けていきますし、ドイツの景気減速も少しずつ現れてきいております。
特にドイツの製造業PMIは今年1月、2月には60を超えていたのですが、12月は51.5とかなりの減速具合です。
紛れもなくリセッション入りが始まっているようにも思います。

ドイツの製造業PMIが50を割り込みますと本格的に景気後退時期がスタートするでしょう。しかし、この数値の減速は中国経済に依存している割合が多いです。ドイツの最大貿易相手国は、中国、フランス、米国、英国となっております。
経常黒字では英国が1番多いそうです。

しかし、米国を除いた3カ国が確実な景気減速です。そして米国もこのままズルズル経済停滞をしますと、ドイツの経済指標は明らかに悪化をはじめます。
これでいよいよユーロを買う理由がなくなってきます。そうこうしているうちにイタリアや他の国の債務問題もまた浮上してくるでしょう。

ユーロ円は年明けもしばらくショートを保有しておきたいと思います。

最終更新:12月22日(土)16時53分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ