ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

明日にかけて材料満載=外為どっとコム総研 神田卓也

神田卓也
神田卓也 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
広範な知識と精緻な分析が光るマーケットの匠
株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 証券株式会社を経て、1991年㈱メイタン・トラディション入社。インターバンク市場にて、為替・資金・デリバティブ等の取引業務を担当し、国際金融市場に対する造詣を深める。2009年同社入社。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間12月7日

    明日にかけて材料満載=外為どっとコム総研 神田卓也

    12月6日(木)17時11分みんなの株式
明日にかけて材料満載
【基調】
 方向感模索

【目先の注目材料】 
 ・主要国株価、米長期金利
 ・12/6 米11月ADP全国雇用者数、米11月ISM非製造業景況指数、米10月貿易収支
 ・12/7 パウエルFRB議長講演、米11月雇用統計 

【本文】
本日のドル/円は、中国通信大手・ファーウェイ幹部が米国の対イラン制裁違反で逮捕されたとの報道を受けて一時112.50円台まで反落。しかし、112円台半ばのサポートを確認すると113円台を回復するなど、まさに「往って来い」の商状で方向感が定まらなかった。

欧米市場では、ブッシュ(父)元米大統領の国葬にともなう休場明けで取引が再開する米株式・債券市場の動きがまずは警戒されるところだろう。また本日は、国葬のため発表が延期されていた米11月ADP全国雇用者数や米11月ISM非製造業景況指数なども含めて数多くの米経済指標が発表される。米景気の先行きに減速懸念が出始めただけに、これらの結果にも要注意だろう。他方、明朝のパウエルFRB議長の講演にも注目しておきたい。住宅業界関連の会議でのあいさつとあって金融政策に関する踏み込んだ発言を行う場所ではなさそうに思える。ただ、5日に予定されていたパウエル議長の議会証言が、やはり国葬のため延期されただけに、気になるところではある。そして、明日夜には米11月雇用統計も発表される。これらのイベントがドル/円にどのような方向感をもたらすのか、週末までの動きに注目しておきたい。

最終更新:12月6日(木)17時11分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ