ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】日清製粉グループ本社(2002):家庭用小麦粉値上げ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:48%(152勝162敗) パフォーマンス:-66.5
あすなろNo.1人気アナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。市場動向分析、市場心理分析、チャートだけでは語らない「大局的な視野」を持ち日々銘柄を分析。顧客に寄り添うアドバイスに定評があり、個人投資家の資産形成をサポートいたします。
予想終了
  • 日本株 予想期間12月3日~12月28日

    始値(2,401円)→終値(2,271円)

    この予想!自信あり

    【買い】日清製粉グループ本社(2002):家庭用小麦粉値上げ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    11月27日(火)9時55分みんなの株式
家庭用小麦粉値上げ
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:食料品
時価総額:7076億円
PER:30.67倍
PBR: 1.68倍

【上期経常は8%増益で着地】
10月29日に決算を発表。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比7.8%増の168億円に伸び、通期計画の320億円に対する進捗率は52.5%に達し、5年平均の46.1%も上回った。

【長期ビジョン「NNI“Compass for the Future”」を策定】
人口動態、環境や食資源の問題、健康、食の多様化と安全性に対する意識の高まり、更なるグローバル化や技術革新等、同社を取り巻く環境は大きな変革期を迎えつつある。これらの変化を踏まえて、強みを最大限に活かしリスクを克服し事業機会に変えていくことを念頭に置ている。また原料となる輸入小麦の政府売り渡し価格が10月から引き上げられたほか、物流費や包材費などが上昇したために来年1月4日出荷分から家庭用小麦粉などを値上げすると発表している。家庭用小麦粉は約1~3%、天ぷらやお好み焼きなどに使う家庭用ミックスは約2~3%の値上げとなる。ちなみに昭和産業もすでに家庭用小麦粉などの値上げを発表している。

製粉業界首位、製粉ベースで国内シェア約35%。小麦粉や調理用粉、パスタ、乾麺、冷凍食品などでも有力。

(11/27現在)

最終更新:11月29日(木)14時26分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

この銘柄の他の予想

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ