ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

エネルギーはかなり溜まっている…!?

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間11月15日

    エネルギーはかなり溜まっている…!?

    11月14日(水)10時26分みんなの株式
エネルギーはかなり溜まっている…!?
◆小幅ながらも、昨日も「往って来い」…

※ご注意:予想期間は11月15日と表示されていますが、本日(11月14日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。


前日に続き、昨日も揺れ動く展開でした。

NYダウ急落を背景にした日経平均は、寄り付きから20分ほどで780円超の急落を見せました。
また上海株も1%超安で寄り付くなど“株安の連鎖”は顕著であり、ドル円は一時113.577円へと売り込まれました。
しかし“想定レンジ下限(113.50円)”を下回ることはなく、また前者には“押し目買いニーズ”、後者には“当局の景気対策期待”が入ったことから、その後は緩やかに下げ渋りに転じました。

一方、米中貿易戦争懸念の緩和を促す「中国副首相が訪米」との報道を背景に、欧州タイムには114.144円まで値を切り上げる場面も見られました。
しかしながらこちらも“想定レンジ上限(114.20円)”には届かず、Brexit懸念を後退させる「英国-EUが草案で合意」報道を機に台頭した“ボンド買い戻し⇒ドル売り”もあって、押し戻されていきました。
なお懸念された“伊修正予算案”ですが、「修正拒否」の姿勢を続けたものの、前日に動いたこともあり、昨日は大きな反応は見られませんでした。


◆「方向感は定まらない」が続くが、「エネルギーは溜まってきた」…?

こうして「揺れ動きすれども、方向感は定まらず」を地で往く展開となり、前日に続き“長い上髭・下髭を伴う寄引同時線(十字線)”を描く「往って来い」を演じました。
本日も“前記レンジ両端(113.50/114.20円)”には分厚いドル買い/ドル売りオーダーが待ち構えているとされていますので、「動きづらい」「方向感は定まらない」は続く可能性は高そうに思います。

ただ本日は“中国小売売上高/鉱工業生産”が予定されていますので、昨日の「劉鶴・中国副首相が訪米」報道を合わされば、思った以上に“上海株が動意付く”可能性があります。
後退したBrexit問題も、本日開催される英特別閣議次第では“思惑で乱高下”という可能性が残ります。
何より前記レンジ内の保ち合いで、“エネルギーはかなり溜まっている(きた?)”と考えるのが自然です。

本日も「揺れ動き」「往って来い」が基本なのでしょうが、そろそろ「いずれかにブレイク」の時期が近付いているのかもしれません。
そして“直近の動き(原油続落/株急落/米利回り低下)”に対する反動、そして“にわか上値期待は台頭していない(逆に下値懸念の方が多い?)”ということを鑑みれば、「上方向の可能性が高い」と考えますが…?


◆ドル円 抵抗・支持ライン
上値5:114.548(10/4高値)
上値4:114.411(ピボット2ndレジスタンス)
上値3:114.202(11/12-13高値)
上値2:114.112(ピボット1sレジスタンス)
上値1:114.000(大台)
前営業日終値:113.812
下値1:113.577(11/13安値、ピボット1stサポート)
下値2:113.471(11/8安値)
下値3:113.382(日足・一目均衡表転換線、50月移動平均線、11/7~11/12の61.8%押し)
下値4:113.277(ピボット2ndサポート)
下値5:113.123(10/26~11/12の38.2%押し)


※ユーロ円やユーロドルなど、他の通貨ペアの抵抗・支持ラインは〔一週間の為替市場を分析!マーケット・チェックWebセミナー〕にて公開中。

10:53 ドル円 抵抗・支持ライン追加

最終更新:11月14日(水)10時57分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ