ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

■11月5日(月)■日経平均は、揉みあい後、小反発へ

堀篤
堀篤 勝率:57%(16勝12敗) パフォーマンス:+29.8
証券マン、上場企業役員、投資家、3つの視点が強み
野村證券、上場企業2社(タカラトミー、インデックス)の役員を経て、2007年、日本マネジコを設立。上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業を行う。著書に「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」など、証券アナリスト検定会員
  • コラム [株式]

    ■11月5日(月)■日経平均は、揉みあい後、小反発へ

    11月5日(月)8時55分みんなの株式
1000円程度の反発を始めるか
■日経平均は、揉みあい後、1000円程度の反発を始めるか

 先週の東京市場は、最悪のレベル、すなわち20000円割れの水準への下落は回避した。一時、トランプ氏の米中貿易摩擦への緩和姿勢が伝えられ、これによって、日経平均株価は大きく反発を見せた。テクニカル的には、この反発の意義は大きく、目先は跛行しながらも、前のマドである23373円を目指す動きが、有力となった。
  しかし、今週は、米国中間選挙の週だ。したがって、相場がどう動くかは予想がしづらい。中間選挙が予想通りの結果となり、トランプ氏に大きな動きがなければ、株価は揉みあいを交えながら、あと1000円程度を目標とした反発を始めるだろう。

■米国中間選挙とアップル効果

NY市場では、中間選挙前後にトランプ氏が何を発言するかが全く分からず、市場関係者も、市場動向を予想するのがバカバカしいというのが本音だ。11月6日投票で行われる中間選挙は、つい2週間前までは、上院(共和党)と下院(民主党)が議会で「ねじれ」となる、と予想されていた。その場合、トランプ氏の政策がこれまでのようにスムースに進まなくなるだろう、というのが大方の見通しだった。しかし、下院でも共和党が巻き返している、という報道もあり、「万一」の結果もあり得る。トランプ氏の当選以来、選挙の事前予想の信用性はかなり落ちていることから、投資家も予想を元にした行動には慎重だ。
 しかし、結果が予想しづらいことはともかく、そもそも、どちらが勝てば株式市場が上がるのか、という重要な要素について、さらに不透明感が強い。したがって、市場を動かすのは、引続き、選挙結果よりはトランプ氏の言動だ。
 一方で、アップルの決算発表が終わり、数値自体は予想の範囲内であったが、その成長性はやはり若干の陰りを感じざるを得ない。そして、より悪いことは、今後、iPhoneの機種ごとの売上数値を開示しない、と発表されたことだ。このことだけで、アップルの経営陣が、今後の成長性に自信を持っていない、と評価されても仕方ないだろう。
しかし翌日では、東京市場は逆に上昇した。その要因の一つは、今回のアップルで、高PER銘柄を中心とする株価調整は、「悪材料出尽くし」となったということだろう。
 先週、一旦反発を見せた半導体関連、及び高PER銘柄群は、この「アップル効果」で、さらに反発を継続する可能性がある。これまでのようなまとまった上昇は望めないが、売られ過ぎに対する調整が行われる期待はできるだろう。

最終更新:11月5日(月)8時55分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ