ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】イオン(8267):積極的な値下げが寄与◆あすなろCEO 大石やすし◆

大石やすし
大石やすし 勝率:50%(174勝174敗) パフォーマンス:+20.8
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二のオリジナルコンテンツ。必見!
予想終了
  • 日本株 予想期間10月15日~10月19日

    始値(2,572.5円)→終値(2,622.5円)

    この予想!自信あり

    【買い】イオン(8267):積極的な値下げが寄与◆あすなろCEO 大石やすし◆

    10月12日(金)10時08分みんなの株式
積極的な値下げが寄与
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【WEBサイトチェック】
社長画像___☆☆☆☆☆ 見当たらず  
役員画像___☆☆☆☆☆ 見当たらず
デザイン性__★★★☆☆
使いやすさ__★★☆☆☆
採用ページ__★★★★☆
一言メモ___社長は知名度有るが、画像がないのは残念。採用情報に関してはイメージ先行となり、充実性に欠けます。知名度あるだけにサイトは再度検討して頂きたいですね。

【業務内容】
総合小売大手。国内流通で首位。傘下に不動産・金融など。ダイエーを買収。

【業績面】
7月4日に決算を発表。19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比7.5%増の402億円に伸びたが、通期計画の2400億円に対する進捗率は16.8%となり、5年平均の18.8%とほぼ同水準だった。

【トピックスオピニオン】
一部報道では2018年3~8月期は本業のもうけを示す営業利益が900億円強と前年同期比で1割増えたようである。同期間としては2期連続で最高を更新した。主力の総合スーパー事業で積極的な値下げや店舗改装の効果が現れた。アジアで小売りを手掛ける国際事業は4年ぶりに黒字転換し、金融事業も増益に貢献した。

10/16追記 10/12に株式会社フジとの資本業務提携を発表した。フジは、1967年に愛媛県宇和島市で1号店を開業して以来、「よりよい品をより安く」「地域の人々のくらしに貢献する」ことを目指し、小売事業を中核として、事業エリアを拡大しながら成長。「地域」、「人」及び「くらし」を常に大切に拡大を続け、四国4県、広島県、山口県で96 店舗を展開している。

最終更新:10月16日(火)12時51分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ