ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

悲観する必要はないが、ここは一旦様子見…!?

武市佳史
武市佳史 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
初心者には分かり易く上級者も納得のFXアナリスト
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト。日本におけるFXの草創期より業務に従事。現在は週刊為替コラム「武市のなぜなにFX」の執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿中。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間10月12日

    悲観する必要はないが、ここは一旦様子見…!?

    10月11日(木)10時39分みんなの株式
悲観する必要はないが、ここは一旦様子見…!?
◆米株急落⇒リスク回避⇒円買い

※ご注意:予想期間は10月12日と表示されていますが、本日(10月11日)の東京・欧州・NY市場の値動きを想定した記述となります。

うぎゃー。
史上3番目の大きな下げ幅(831ドル安)を伴って、NYダウが崩れました。
このためマーケットはリスク回避姿勢に包まれ、円全面高の様相を示しています。
ドル円も“10/8-9安値(112.80円水準)”を明確に割り込み、“112円割れ”を窺う水準まで売り込まれました。

◆ただ「利益確定売りが加速しただけ」との声も…?

急落要因としては、「(為替報告書で)中国が為替操作国と認定される可能性」、そこから派生する「米中貿易戦争激化への警戒感」、あるいは「トランプ米大統領の低金利志向」との見方が一般的です。
しかし一部では、「45日ルール(決済期限は15日)を見据えた、ファンドの利益確定売りが加速しただけ」との声も上がっています。

仮に後者が正しいとすれば、「昨日の急落は一過性」「(往き過ぎ分は)すぐに巻き戻される」と見ることが可能ということになります。
“ことの成り行き”を見守る必要はありますが、現時点では「悲観する必要はない」というところかもしれません。

◆テクニカル的には“要所”に接近中!?

それでも“9/7~10/4の61.8%押し(111.971円)”と重なる“112円ライン”は、テクニカル的な要所の一つです。
すぐ下には“50日移動平均線(111.830円)”も控えていますが、割り込むと“日足・一目均衡表先行スパン上限、100日移動平均線、100/20週移動平均線、月足・一目均衡表先行スパン上限”が居並ぶ“111.40-25円水準”まで下値を拡大しかねません。

「上昇トレンドは継続中」「あくまでポジション調整」とは考えますが、見方を誤った直後であることもまた事実…。
「悲観する必要はない」ものの、“ことの成り行き”は見守る必要はあり。
ここは「一旦様子見」としたところです。

◆ドル円 抵抗・支持ライン

上値5:113.151(10/4~10/10の38.2%戻し、200週移動平均線)
上値4:112.982(20日移動平均線、大台、ピボット1sレジスタンス)
上値3:112.815(10/10高値後の61.8%戻し)
上値2:112.670(10/10高値後の50%戻し)
上値1:112.525(10/10高値後の38.2%戻し、日足・一目均衡表基準線)
前営業日終値:112.303
下値1:112.160(週足・一目均衡表転換線)
下値2:112.000(大台、9/20安値、9/7~10/4の61.8%押し、ピボット1stサポート)
下値3:111.830(50日移動平均線)
下値4:111.663(9/18安値、ピボット2ndサポート)
下値5:111.426(日足・一目均衡表先行スパン上限)

※ユーロ円やユーロドルなど、他の通貨ペアの抵抗・支持ラインは〔一週間の為替市場を分析!マーケット・チェックWebセミナー〕にて公開中。

10:42 ドル円 抵抗・支持ライン追加

最終更新:10月11日(木)10時42分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ