ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】岩谷産業(8088):エネ基本計画改定控え注目◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:45%(168勝201敗) パフォーマンス:-6.3
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間10月1日~10月31日

    始値(4,045円)→現在値(3,900円)

    【買い】岩谷産業(8088):エネ基本計画改定控え注目◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    9月28日(金)11時24分みんなの株式
エネ基本計画改定控え注目
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:卸売業
時価総額:2048.62億円
PER:11.13倍
PBR: 1.29倍

【4-6月期(1Q)経常は20%増益で着地】
8月8日後場(13:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比20.2%増の52.4億円に伸び、4-9月期(上期)計画の95億円に対する進捗率は55.2%に達し、5年平均の38.6%も上回った。

【エネ基本計画改定控えて注目】
燃料電池車に燃料の水素を供給する拠点の水素ステーションは拡大傾向にある。経済産業省は一昨年の12月に「燃料電池自動車(FCV)の普及拡大に向けた環境整備を推進するため、岩谷産業を含む水素ステーション運営事業者や自動車メーカーなど11社が、水素ステーションの本格整備を目的とした新会社を設立することで合意し契約を締結した」と発表。新会社は事業期間を10年と想定し、第1期として4年間で80基の水素ステーションを整備することを目指している。最近は若干FCVに対して注目度が薄れているものの、折に触れて動意する可能性は高い。


総合エネルギー事業、産業ガス事業等を展開。LPガスは卸売・小売で国内トップ。

(9/28現在)

最終更新:9月28日(金)11時24分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ