ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】No.1(3562)=顧客ニーズから問題解決

杉浦和孝
杉浦和孝 勝率:45%(5勝6敗) パフォーマンス:+21.6
企業訪問による銘柄選定に自信あり!
大学卒業後に上場証券に入社後営業職を経験。その後国内証券会社で約10年株式ディーラーを経験。企業訪問や機関投資家向け説明会から、数字だけでは判断できない有望銘柄を発掘。青潮出版社「株主手帳」にて『トリプルエー投資顧問1on1ミーティング』を連載中
予想中
  • 日本株 予想期間9月3日~9月28日

    始値(838円)→現在値(886円)

    【買い】No.1(3562)=顧客ニーズから問題解決

    8月31日(金)17時01分みんなの株式
『情報セキュリティ商品で成長』
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
同社は10名未満の中小企業・個人事業主を顧客としてOA機器や情報セキュリティ商品を販売する、オフィスコンサルタント事業。それに付随して商品販売後の保守・メンテナンスを行うシステムサポート事業の2本柱で構成されております。


オフィスコンサルタント事業では、MFP(1台でプリンタとスキャナー、コピー、FAXなどの多機能プリンタの略称)やビジネスフォンを販売。MFPは全国で約1万社に納入しており、販売後も約7千社に自社メンテナンスサービスを展開中。


販売から保守・メンテナンスを行えるワンストップサービスを展開しており、MFP販売顧客に対して保守・メンテナンスを行えるのが同社の強みと、同社の辰巳社長より説明を受けました。競合他社で自社で保守・メンテナンスまで行っている会社は少ない模様で、この強みを活かして成長中です。


近年売上高を拡大している、情報セキュリティ商品の販売基盤となっているのはMFP販売顧客にアップセル・クロスセルをした結果です。今後もアライアンスや顧客ニーズを掴むことで、情報セキュリティ商品は自社開発製品が増加していくと考えられます。


2017年3月にジャスダック市場へ上場してから、約3分の1まで売り込まれる場面がございました。今期業績予想では営業・経常利益18%成長する見通しであり、業績面からも売り込まれた株価は1,000円台回復に向けて動き出してくると考えます。

最終更新:8月31日(金)17時01分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ