ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ソネット・メディア・ネットワークス(6185):新技術を評価◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:45%(180勝216敗) パフォーマンス:-57.4
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間8月1日~8月31日

    始値(4,710円)→現在値(5,710円)

    【買い】ソネット・メディア・ネットワークス(6185):新技術を評価◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    7月27日(金)14時40分みんなの株式
新技術を評価
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:サービス業
時価総額:321.4億円
PER:64.37倍
PBR:9.12倍

【7期連続増収、6期連続増益】
5月8日に決算を発表。18年3月期の連結経常利益は前の期比65.7%増の5.3億円に伸び、19年3月期も前期比39.7%増の7.5億円に拡大を見込み、6期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。7期連続増収、6期連続増益になる。

【新技術を評価】
7/10に旧式ブラウザーを介した広告に対して、自動的・効率的に抑制する技術を開発したと発表した。これまでクレジットカードの会員データを安全に取り扱うことを目的として策定されたセキュリティー基準として、PCIDSSが採用され、主に大手企業によるECサイトやWebサービスサイトは準拠したものとなっていた。現在、PCIDSSの最新版が提供され、旧式の暗号プロトコルの使用ができなくなるように求めているが、一部のインターネットユーザーが、旧式ブラウザーを継続利用した場合、旧式ブラウザー上で広告掲載サイトを表示が可能となる一方で、広告をクリックした先のランディングページが非表示となる可能性が指摘されているという。このような広告表示は、旧式ブラウザー利用者をPCIDSS準拠ランディングページに誘導してしまい、結果的に無駄な広告配信となるため、旧式ブラウザーへの広告配信自体の停止が望まれていたが、同社ではこれに対応し、ランディングページを表示することができないブラウザーへの広告配信を自動で抑制する技術を開発したとしている。


広告配信最適化プラットフォーム「Logicad(ロジカド)」がコアプロダクト。クローズド型アフィリエイトなども手掛ける。

(7/27現在)

7/30追記 アフィリエイトは美容・健康食品カテゴリ等で売上伸長が続く。広告主開拓等が奏功し、19.3期は2桁営業増益計画。アドテクノロジーは好調続き、決算予定は8/7を予定している。

最終更新:7月30日(月)10時19分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ