ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】大日本住友製薬(4506):上昇トレンドは崩れず◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:45%(182勝220敗) パフォーマンス:-80.4
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間8月1日~8月31日

    始値(2,175円)→現在値(2,208円)

    この予想!自信あり

    【買い】大日本住友製薬(4506):上昇トレンドは崩れず◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    7月27日(金)13時23分みんなの株式
上昇トレンドは崩れず
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種: 医薬品
時価総額:9960億円
PER:28.44倍
PBR:2.19倍

【「ラツーダ」の独占販売期延長を評価】
今期業績は減益の見込みだが、抗精神病薬「ラツーダ」の独占販売期間が24年2月まで延長される可能性が出てきたことに注目。延長されれば、現在の開発薬にスムーズにバトンタッチすることも期待でき、パテントクリフ(特許切れによる業績悪化)は回避あるいは軽減される可能性があるとみている。

【CIRMのイベントでSB623のフェーズ1/2a試験が紹介】
5/31(米国時間)にカリフォルニア州再生医療機構(CIRM)のイベントで、同社グループの再生細胞薬SB623に関する慢性期脳梗塞フェーズ1/2a試験(米国)が取り上げられた。なお、SB623は現在米国では、米国・カナダ地域における共同開発パートナーである同社とともに、慢性期脳梗塞を対象にフェーズ2b臨床試験を実施。また、サンバイオ単独では外傷性脳損傷を対象に日米グローバル・フェーズ2臨床試験を実施している。

【 テクニカル面でも良好】
7月に入り1月の年初来高値を更新し上値追いの展開が続く。昨年来高値の2134円を抜けおり、2001年以来の水準となり大相場の様相も期待できる。


住友化学系の医薬品準大手。中枢神経領域とがんの医薬品開発に重点。

(7/27現在)

7/31追記 7/27に第1四半期の決算を発表、コア営業利益は184億円で前年同期比25.6%減益、通期計画770億円、前期比15.0%減益との比較でも減益幅は膨らんだ。薬価改定の影響に加えて、北米における新製品販売費用の増加なども響いた。7/30に京都大学医学部附属病院および京都大学iPS細胞研究所(CiRA)より、「iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療に関する医師主導治験」を2018年8月1日に開始する。
同社は、本治療につき、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)と連携して実用化に向けて取り組んでいる。

最終更新:7月31日(火)12時45分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ