ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】日本瓦斯(8174):電力小売事業への参入決定に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:44%(177勝218敗) パフォーマンス:-76.2 7
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間8月1日~8月31日

    始値(5,390円)→現在値(5,250円)

    この予想!自信あり

    【買い】日本瓦斯(8174):電力小売事業への参入決定に期待◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    7月27日(金)13時23分みんなの株式
電力小売事業への参入決定に期待
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:小売業
時価総額:2894億円
PER:31.45倍
PBR:3.53倍

【プロパンCP価格の上昇で恩恵】
顧客獲得費用、広告宣伝費などの費用は予算内でコントロールされており、プロパンCP価格の上昇にも価格転嫁で対応しマージンを確保しており、エネルギーシステム改革を追い風にした顧客獲得ペースの加速による業績拡大の見方に変更はない。19年3月期の営業利益予想を120億円から130億円へ、20年3月期を同134億円から150億円へ上方修正している。
7月26日の決算では、19年3月期1Qの連結経常利益は前年同期比29.2%減の15.8億円に減り、上期計画の23億円に対する進捗率は68.9%ににとどまった。26日の決算説明会では19年3月期1Qの営業利益は18億円(前期比▲3億円)。2Qで採算良化により前期比増益に転化し、秋以降に開始する電力小売に積極投資し、これを追い風に増益幅を更に拡大出来ると、通期の営業利益計画134億円を達成すると説明している。また、株主還元を引き続き重視し19年3月期も増配を継続するとして、売られたところは是非注目したい。

【LPガスの顧客が増加】
19年3月期はLPガスの顧客が増加するうえ、昨年4月の都市ガス自由化で参入した家庭向け都市ガス事業の赤字が縮小し、経常利益は前期比24.4%増の138億円と2期ぶり最高益を計画する。顧客獲得が好調な家庭向け都市ガス事業は来期に黒字化する見込みで、新たな成長事業として期待が大きい。株価は全般軟調相場に逆行し、好業績のディフェンシブ銘柄として上値追いの展開が続いている。


LPG、都市ガスを展開し、関東一円に供給する。価格競争力と販売力が強み。テレビCM効果で顧客の純増数は伸長。

(7/27現在)

7/31追記 昨日、同社はFiNCと業務提携し、8月1日(水より、同社が提供するガス料金の割引プラン「プレミアム5+(プラス)プラン」にFiNCが提供するヘルスケアサービス「FiNCプレミアム」を新たに追加することを決定いたしました。ニチガスのガスをご契約の顧客が「FiNCプレミアム」を契約すると、月々のガス料金が300円(税込)割引となり、年間で3,600円オトクにガスを提供し期待が掛かる。

最終更新:7月31日(火)12時45分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ