ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】コスモス薬品(3349):外人好みのビジネスモデルで11期連続最高益を見込む◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:45%(172勝205敗) パフォーマンス:-270.3
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
相場の大局的な視野を持ち【的確な個別銘柄の売買指示】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間7月30日~8月3日

    始値(25,050円)→終値(24,210円)

    この予想!自信あり

    【買い】コスモス薬品(3349):外人好みのビジネスモデルで11期連続最高益を見込む◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    7月26日(木)11時03分みんなの株式
外人好みのビジネスモデルで11期連続最高益を見込む
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:小売業
時価総額:5010億円
PER:28.38倍
PBR:4.55倍

【継続的に高成長を続け、商圏全体を面で押さえきる】
7/12の決算で、営業利益は227億円で前期比2.3%増益となった。3-5月期は70億円で前年同期比43.3%増と大幅増益、市場予想を15億円程度上回ったとみられる。1月の下方修正前の会社計画も達成しており、ポジティブなサプライズにつながっている。仕入れ条件改善や過度な値下げの修正などで粗利益率が上昇した。今期は230億円で前期比1.1%増の見通しだが、例年通り保守的とも捉えられている。

【外人持ち株比率が高い】
好調な業績を背景に外人投資家の持ち株比率は約24%と高く、株価も値がさで推移しており、今後分割期待も出て来る可能性あり。

【新規出店に積極的】
今期は、新商勢圏である中部地区・関西地区への出店を強化するほか、中国地区・四国地区・九州地区では自社競合もいとわない出店を継続する方針。リロケーションを含めて100店舗の出店(10店舗の閉鎖)を計画。あわせてローコストオペレーションを強化し増収増益とする方針だ。


九州地盤に814店舗を有するドラッグストアを展開。郊外型大型店に特色。低価格戦略に強みがあり、年間約100店舗の出店を計画する高成長小売り企業。

最終更新:7月30日(月)10時20分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ