ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

ドル円ショート勢は壊滅

ひろぴー
ひろぴー 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
脱サラ完了したFX・CFD スイングトレーダー
FXトレードバトルのイベントに各社出場し、有名になったトレーダー。毎度プラスの収益で終わる常勝トレーダーとして人気急上昇!ブログアクセスも毎日5000以上とこちらも大人気。日経平均や金、原油の取引も盛んなトレーダー。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間7月17日

    ドル円ショート勢は壊滅

    7月16日(月)19時10分みんなの株式
やはりドル買いリスクオフポジションは正しかった
ドル円が112円を大きく突破してきました。
これにて、国内のアナリストは見方を改めはじめています。

リスクオフ=円買いと思い込みが強かったプレイヤーほど、今年前半のパフォーマンスは壊滅的でしょう。リスクオフだけれど、米ドル買いで望むリスクオフ相場は大正解だったと思います。
ならばドル円を買い向かうことができたかといえば、答えは「No」ですが、触らないほうが「賢明」が一番正解だったと思います。
武田薬品のシャイアー買収の資金が出ていると噂もされており、下値が限定的だったのはこのせいかもしれません。
株式交換になるかもしれませんし、まだ詳細は定かではないですが、数兆円規模の買収劇になりますので、為替レートには3円ぐらいはインパクトがあるでしょう。

これだけドル円を戻り売りをしても、下値が崩れずに終わっていた相場は確かに珍しいです。米中貿易戦争も米国が勝つに決まっているトランプ劇場に欧米からはドル買いで当然という見方があったことでしょう。

ゴールドの値が崩れているのがその証拠です。やはりマクロ的に世界を見渡していると情報力に差が出ますので、ぜひコモデティも株式指数も仮想通貨市場にもバランスよくみておくことがポイントだと思います。
ドルスイスチャート分析
今週もドル買いポジションをつくっていきたいと思います。
まず第一候補として、ドルスイスです。

ユーロスイスのチャートをみると上昇しており、ユーロドルを戻り売りしようと考えておりましたが、明らかにパワーバランスはドル買い、スイス売りが無難だと判断したからです。スワップ金利も非常に多く貰えますから、ドルスイスロングをまた数日から数週間かけてロングしたいと考えております。

現在はパリティ近辺ですが、1.0050を超えてくると1.03方向でしょう。
スイスを買う理由が今はありませんので、円同様に売られるでしょう。

ユーロスイスも1.20方向に再度向かうのではないかと考えており、スイスはベア目線で考えていきます。

RCIは3本とも上方向、特にRCI26 が週足ベースで80%圏を超えてきましたから、上昇トレンドが本物になる可能性があります。
週足レベルですので、かなり期待ができそうです。

当面はドルスイスをコアポジションとしたいと思います。
ドル円チャート分析
ドル円週足チャート

ドル円週足チャート

ドル円の週足です。

こちらもRCI26 が80%圏に突入してきました。RCI26が0ラインを超えた頃から、やはりトレンドに加速力がつきました。これがRCI26の特徴の一つです。

最近は仮想通貨トレーディングでもRCIが使えることが判明し、重宝しはじめております。ぜひ、使ったことない方は使ってみてください。

話は逸れましたが、ドル円が111円を超えて相場が転換、112円でより確度が高まりました。次のターゲットは114.50円です。
昨年はこの近辺がどうしても超えられずに反落したレジスタンスラインでもあります。115円のOPバリアもそろそろ出てくるでしょう。114.50~115円は強烈なレジスタンスゾーンとなるでしょうが、一度そこまで持ち上げられる可能性があります。

リスクオフ相場に円買いが全く通用しません。国内の輸出企業のドル円のビットも上がってくるでしょうから、押し目買い相場になりつつあるでしょう。ドル円の買いも模索します。
併せて、豪ドルドルとNZドルのショートも検討中です。

基本はドルストレートベースでドル買いポジションをとっていきます。

最終更新:7月16日(月)19時12分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ