ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】キッコーマン(2801):大豆先物価格下落で利益押し上げ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(178勝204敗) パフォーマンス:-71.5
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間7月2日~7月31日

    始値(5,520円)→現在値(5,420円)

    【買い】キッコーマン(2801):大豆先物価格下落で利益押し上げ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    6月27日(水)10時46分みんなの株式
大豆先物価格下落で利益押し上げ
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:食料品
時価総額:11130億円
PER:43.57倍
PBR:4.43倍

【大豆先物価格下落で利益押し上げ】
シカゴ商品取引所で大豆先物相場が下落しており、原料安による利益押し上げへの思惑があるようだ。米国による中国製品への追加関税とそれに対する中国の報復関税の影響で、大豆価格が今月に入って13%程度下落。これを受けて醤油の原料に大豆を用いる同社にコスト減の恩恵がある。同社は日本で販売するしょうゆの原材料の大半を、米国から輸入している。

【6期連続最高益】
4/26に決算を発表。18年3月期の連結経常利益は前の期比12.3%増の359億円になり、19年3月期は前期比0.6%増の362億円とほぼ横ばいを見込み、6期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。7期連続増益になる。同時に今期の年間配当は前期比1円増の40円に増配する方針とした。


醤油で首位。国内シェア約3割を持ち酒類や食品も展開。北米事業が収益に貢献。

(6/27現在)

7/4追記 ディフェンシブグロースの位置付けで今年4月以降、継続的に買われてきた同社だが、今週に入り一気に利益確定が進んだ。信用の取り組みも足元は0.43倍と大量の空売りを抱えている。本日は押し目買いが入り、全体が軟調な中、逆行高となっている。

最終更新:7月4日(水)14時54分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ