ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ベルシステム24HD(6183): 内需の好業績株の代表◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(172勝201敗) パフォーマンス:-0.2
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間7月2日~7月31日

    始値(1,938円)→終値(1,974円)

    この予想!自信あり

    【買い】ベルシステム24HD(6183): 内需の好業績株の代表◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    6月27日(水)10時37分みんなの株式
内需の好業績株の代表
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:サービス業
時価総額:1383億円
PER:21.95倍
PBR:3.18倍

【島根大学キャリア教育授業に昨年に続き2年目の参画】
国立大学法人島根大学が教養育成科目として実施する、キャリア教育授業「大学生の就職とキャリアA」に参画することを発表した。この授業では、実社会で必要となるビジネスマナーや、社会で働く上で求められる各ステークホルダーとの適切なコミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルを学ぶことができる。同社が参画する授業回では、「コミュニケーション」や「伝え方」など、30余年のコンタクトセンター業務で培った様々なスキルを、実社会での事例を交えながら伝える。今回の参画は2017年に続き、2年目となる。同社松江ソリューションセンターのある島根県での本取組をはじめ、今後も中期経営計画で掲げた「コミュニケーションで社会の豊かさを支える」を実現していくという。

【伊藤忠グループとのネットワークを活かした新規顧客獲得】
一部市場では、人員確保や離職率改善といった将来に向けての投資を行いながら2ケタ増益を確保していること、案件選別や採算管理の徹底による利益率重視の姿勢、凸版印刷シナジー創出の確度の高まりによる従来成長プラスアルファの実現期待を評価している。凸版印刷とのシナジーを見込み、20年2月期の営業利益予想を120億円とし、21年2月期については同134億円を見込んでいる。


コールセンターのアウトソーシング受託大手で伊藤忠が大株主。インバウンド需要に備えたコールセンターを池袋に増設。

(6/27現在)

7/4追記 6/27に子会社の組織変更について、CRM事業本部内に「凸版アライアンス推進局」を新設した事を発表した。資本業務提携先である凸版印刷とのアライアンスにおいて事業基盤の構築が完了し、今後は更なる事業シナジーを追求すべく、より機動的な事業展開を実現することを目的としている。これにより、凸版印刷との連携におけるアカウント管理が明確化されるとともに、新設した部門にて凸版印刷との連携に特化した形でAI等の新技術が活用されることで、デジタルカスタマーサービスの強化を迅速に進めていく考えだ。昨日から切菓子を見せており押し目買い意欲が旺盛だ。

最終更新:7月4日(水)14時52分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ