ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】セブン&アイHD(3382)自動運転で移動コンビニ ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:49%(194勝199敗) パフォーマンス:-0.9
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間6月18日~6月22日

    始値(4,928円)→現在値(4,890円)

    【買い】セブン&アイHD(3382)自動運転で移動コンビニ ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    6月14日(木)14時22分みんなの株式
自動運転で移動コンビニ
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:小売業
時価総額:43940億円
PER:20.92倍
PBR:1.80倍

【8月中間期営業利益は5年連続最高益】
4/5に発表した19年2月期の連結業績予想は、営業収益は6兆6830億円(前期比10.7%増)、営業利益は4150億円(同6.0%増)と8期連続で最高益を予想。海外コンビニエンスストア事業が収益に寄与する見通し。18年2月期は営業収益6兆378億1500万円(前の期比3.5%増)、営業利益3916億5700万円(同7.4%増)だった。同時にイズミとの業務提携も発表しており、同社にはポジティブに働くと思われる。

【自動運転で移動コンビニ】
トヨタは自動運転車両を使った新サービスを、ヤマトホールディングスやセブン―イレブン・ジャパンと共同で開発する協議を始めた。自動で移動するコンビニエンスストアへの活用などを検討する。自動運転技術が浸透すれば新サービスが生まれる可能性が高まる。最近は車メーカーが外部企業と協力する動きが広がってきた。「移動コンビニ」としてEVに商品を積んで決まった地点まで出向くことや、消費者が車両を止めて買い物できるようにするという構想がある。

コンビニエンスストアを主力に、スーパー、百貨店、銀行、ネットビジネス等をグローバル展開する。

最終更新:6月14日(木)14時22分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ