ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】フリービット(3843)に注意。テクニカル的に短期的には高値警戒感

藤崎慎也
藤崎慎也 勝率:57%(44勝33敗) パフォーマンス:+109.5
材料とテクニカルを融合した高的中率の銘柄を提案!
フィデリア株式会社、代表取締役兼投資助言者。当人も個人投資家上がりの投資家であり、個人投資家好みの銘柄を選択可能。銘柄の材料性とテクニカルを意識した的中率の高い銘柄選択が人気。短期から長期銘柄まで幅広い視野の銘柄をチョイスし、お届け致します。
予想終了
  • 日本株 予想期間6月14日

    始値(1,475円)→終値(1,418円)

    【売り】フリービット(3843)に注意。テクニカル的に短期的には高値警戒感

    6月14日(木)8時37分みんなの株式
テクニカル的に短期的には高値警戒感。指標も高値を示唆。業績良いが、短期的には一旦売り目線
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
フリービットに注意したいと思います。
昨日に引き続きとなりますが、昨日は上値で揉み合いとなりました。

状況的に昨日と変わらず売りが発生しやすいことや、全体相場も軟調になりやすいと考えているため、売り目線です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回記事内容

決算の上方修正で買われたが、上方修正後でもPER100倍近い水準と、買い一巡後、1500円辺りは上昇トレンドラインの上値抵抗線、2013年~2014年の上昇相場の出来高抵抗線が多く、チャートの戻り売りポイントとなる為、売り目線でみてみたい。

<材料>

8日、2018年4月期連結決算を発表した。売上高が前期比9.7%増の386.53億円、営業利益が同40.1%増の18.51億円、経常利益が同76.6%増の14.26億円、親会社株主に帰属する当期純損失が5.67億円(前期は1.50億円の損失)となった。

継続成長事業の1つであるモバイル事業は、「働き方改革」を見据えた新サービスの投入やIoT関連ニーズの高まりを受けてモバイル市場全体の拡大が続き、同社グループが事業を展開するMVNO・MVNE市場においても、引き続き市場規模が拡大した。同社がMVNEとして提供するMVNO支援パッケージサービス「freebit MVNO Pack」においても提供先企業数が増加した。また、MVNOであるDTIではユーザーニーズを機敏に捉えた新プランの投入や販促キャンペーンを講じることで「DTI SIM」の他社との差別化を図った。同じくMVNOとして格安スマートフォンサービスを提供するトーンモバイルでは、自社ユーザー層に合わせたキャンペーンの実施や独自サービスの強化を図るなど、更なるユーザー数拡大に尽力した。

もう1つの継続成長事業であるアドテクノロジー事業では、DSP広告サービス等の拡販や動画広告市場向けのサービス展開に注力した。また、アフィリエイトサービス「afb」の更なる利便性の向上に取り組み、事業規模が拡大した。新分野である生活領域の各事業については今後の同社グループ発展の一翼を担うものとするべくその育成に注力し、“Health Tech”分野、“IoT”分野、“不動産Tech”分野において、同社グループの事業リソースを最大限に活かす形で推し進めてきた。スマートフォン端末の旧機種の商品評価損及び持分法による投資損失を計上したが、売上高、営業利益及び経常利益が前期を上回った。なお、医療情報基盤のビジネスモデル転換に伴う事業撤退引当金繰入額の計上に加え、フルスピードが減損損失を計上したことで、純損失となった。

2019年4月期通期については、売上高が前期比16.4%増の450.00億円、営業利益が同35.0%増の25.00億円、経常利益が同64.8%増の23.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が2.50億円を見込んでいる(https://www.msn.com/ja-jp/money/other/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88-18-4%E6%9C%9F%E3%81%AF401percent%E3%81%AE%E5%96%B6%E6%A5%AD%E5%A2%97%E7%9B%8A%E3%80%82%E3%80%8Csilk-vision-2020%E3%80%8D%E3%81%AE%E9%81%94%E6%88%90%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%A6%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%82%92%E6%8E%A8%E9%80%B2/ar-AAywqrm#page=2)

最終更新:6月14日(木)8時37分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ