ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】ファーストリテイリング(9983)に注意。日経平均天井の可能性示唆

藤崎慎也
藤崎慎也 勝率:58%(40勝28敗) パフォーマンス:+98.5
材料とテクニカルを融合した高的中率の銘柄を提案!
フィデリア株式会社、代表取締役兼投資助言者。当人も個人投資家上がりの投資家であり、個人投資家好みの銘柄を選択可能。銘柄の材料性とテクニカルを意識した的中率の高い銘柄選択が人気。短期から長期銘柄まで幅広い視野の銘柄をチョイスし、お届け致します。
予想終了
  • 日本株 予想期間6月14日

    始値(50,200円)→終値(50,160円)

    【売り】ファーストリテイリング(9983)に注意。日経平均天井の可能性示唆

    6月14日(木)8時37分みんなの株式
FOMCで利上げ4回となり、材料出尽くしの懸念あり。ドル円110円~111円は重たいと予想
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
ファーストリテイリングに注意したいと思います。

FRBが3カ月ぶり利上げ回数を年内さらに2回(今年度計4回)見込む。

さらに、FOMCは短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を、年1.50~1.75%から1.75~2.00%へと引き上げた。

今年の米利上げは2回目であり、更に3ヵ月毎実施予定とし、あと2回の利上げは米ドル高をもたらす政策であるものの、世界中の基軸通貨であるドルを米国へ回避させる世界マクロ的にみると危険な政策である事を認識しておきたい。

特に、現在顕著化しているユーロ圏のイタリア銀行問題は利上げや、関税問題で更に悪化を予想でき、アナリストによっては、ギリシャに続き、イタリア・スペイン・ドイツ銀行問題と連鎖的に飛び火が移って行くとの見方を強調しており、利上げが続く過程では避けられない問題となりつつあります。

統一通貨ユーロが誕生した時点で、仕掛けられているシナリオと言われる説もあります。色んな強弱の通貨の国を統一する事で、通貨の強い国はユーロが安いので更に強く、通貨が弱い国はユーロが高く感じる為、国内GDPが減りデフレに陥るのは当然の原理でもある。

また、金融緩和の限界からデリバティブ市場での損失数兆円を中国に融資されてると言われるドイツ銀行のデリバティブ運用は8000兆円規模と、リーマンショックの数十倍である事から、再燃した時のショックに対するリスクも軽視できないと言える。

その中で、米利上げはもしかすると利上げ継続を止めるのでは?との観測もあったが、強気の年4回実施から、リスクオフが鮮明になりそうで、日経平均の23000円をWトップに下落を予想する。

その中で、日経平均採用銘柄の比率が約7%と最も高い9983ファーストリテイリング(ユニクロ)の売りを選択したいと思います。

<日経平均下落時に注目銘柄リスト>
ソフトバンク
アドバンテスト
京セラ
村田製作所
トヨタ
ファナック

※これらの銘柄は、業績に関係なく日経平均が下がると必然的に売られてしまうので注意が必要。

<指数連動系>
1360買い(1570売り) ・・・日経平均下落率の2倍の動きをするETF
2035 日経VI買い ・・・ 日経平均の急落時に暴騰(恐怖指数連動)
1679 NYダウ売り ・・・ 米ダウ連動
1552 米S&P VIX短先物 ・・・ 米のトピックスのようなS&Pの恐怖指数連動(米株下落時に急騰するETN)

※その他、日経先物売り(レバレッジ約15倍前後で売り狙える、日経オプションプット(下落権利)買いの時に急落すると短期で数倍から数十倍になるマニアックな運用手法もある★)

ーーーFOMCを受けての状況ーーー
FOMCの結果、今回は0.25%の利上。
今年の利上げは残り2回、コンセンサスでは3回が4回に。
失業率の見通しも上方修正で、アメリカ景気が良く、指標的にはドル高円安に傾きそうなものですが、これはすでにある程度折込済か。

ダウも、FOMCでのアメリカ指標の上方修正を読んでいたのか下落となりました。

ファストリ(9983)の株価は、前回高値5万どころで推移しているが、今回この数字を抜くのは難しいと見て、本日は売り。

最終更新:6月14日(木)8時37分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ