ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】レンゴー(3941)通販向け段ボールの数量増見込む◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:49%(198勝200敗) パフォーマンス:-11.9
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日本株 予想期間6月11日~6月15日

    始値(1,018円)→終値(1,019円)

    この予想!自信あり

    【買い】レンゴー(3941)通販向け段ボールの数量増見込む◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    6月7日(木)11時43分みんなの株式
通販向け段ボールの数量増見込む
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:パルプ・紙
時価総額:2748億円
PER:13.08倍
PBR:0.98倍

【通販向け段ボールの数量増見込む】
5/11に発表した19年3月期の連結業績予想は、売上高6500億円(前期比7.3%増)、経常利益320億円(同38.1%増)、最終利益は210億円(同26.3%増)と大幅増益を見込み、9期ぶりに過去最高益を更新する見通し。今期は、食品・飲料や通販向け段ボールの数量増が見込めるうえに、段ボール価格の値上げ浸透効果が期待できる。

【紙、板紙の輸出は過去最高】
段ボール製品の価格修正効果と古紙価格下落によるスプレッド拡大で堅調な業績期待から、底堅い株価推移が続いてきた。ただ古紙価格が高止まり価格は一巡し、株価は一旦織り込んだ模様である。過去輸出最高は海外でも段ボールを作る為の原紙が伸びた。

【ネット販売の普及で段ボールの需要拡大】
軟包装関連事業は売上拡大中で海外関連事業はM&A効果が寄与してきた。時価近辺のPBRは1倍割れで、株価は水準訂正へ動いて行ってもおかしくなだろう。また、段ボール需要はインターネット通販の増加等で今後も伸びを見込め、堅調な業績が期待される。ニンテンドーラボが人気となり、板紙・段ボールで国内トップシェアを誇る同社も関連銘柄として関心を集める可能性がある。


板紙・段ボールで国内トップシェア。国内で初めて段ボール事業を開始。

最終更新:6月8日(金)14時56分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ