ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【売り】ダブル・スコープ (6619)容量・出力2割向上 リチウムイオン電池 東芝が新技術 セパレーター専業メーカーへの影響は?

藤本誠之
藤本誠之 勝率:47%(8勝9敗) パフォーマンス:-9.7 3
相場の福の神
財産ネット企業調査部長 相場の福の神。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド、阪神タイガースファン。様々な業種の上場企業の経営者と年間300社以上の会社訪問・ミーティングを実施している。
予想終了
  • 日本株 予想期間6月4日

    始値(1,904円)→終値(1,860円)

    この予想!自信あり

    【売り】ダブル・スコープ (6619)容量・出力2割向上 リチウムイオン電池 東芝が新技術 セパレーター専業メーカーへの影響は?

    6月4日(月)8時55分みんなの株式
今日の半歩先読み
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
容量・出力2割向上 リチウムイオン電池 東芝が新技術 日本経済新聞 科学技術9面

東芝はリチウムイオン電池の容量や出力を2割高める新技術を開発したとの記事に注目です。主要部材のセパレーター(絶縁膜)が薄くなり、電池を小型に出来ることにより、体積あたりの性能が高まるそうです。セパレーターの製造コストは半減するそうです。この記事でメリットのあるのは、当然東芝 (6502)ですが、大企業だけに影響は限定的だと思われます。逆に悪影響が考えられるのが、セパレーター専業メーカーのダブル・スコープ (6619)です。すぐの悪影響は考えられないですが、製造コストが半減し、容量・出力が2割増しの競合商品が登場すれば、将来的に悪影響が出る可能性がありそうです。


ダブル・スコープ (6619)1,880円
リチウムイオン電池セパレーター専業メーカー。

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!
※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する会社や会社のアナリストとしての意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

最終更新:6月4日(月)8時55分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ