ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ブロンコビリー(3091)業績回復の確度が高まる◆あすなろCEO 大石やすし◆

大石やすし
大石やすし 勝率:45%(167勝200敗) パフォーマンス:-103.1 7
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二のオリジナルコンテンツ。必見!
予想終了
  • 日本株 予想期間5月28日~6月1日

    始値(4,345円)→終値(4,300円)

    この予想!自信あり

    【買い】ブロンコビリー(3091)業績回復の確度が高まる◆あすなろCEO 大石やすし◆

    5月25日(金)11時42分みんなの株式
業績回復の確度が高まる
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【WEBサイトチェック】
社長画像___★☆☆☆☆  
役員画像___☆☆☆☆☆ 見当たらず
デザイン性__★★★☆☆
使いやすさ__★★☆☆☆
採用ページ__★★★☆☆
一言メモ___サイトは使い易く、見やすいですね。トップページは40年前の第一号点の映像が流れてきて気を引く作りになっており、BSE問題で倒産の危機のエピソードも興味深いです。

【業務内容】
愛知発祥のステーキ、ハンバーグレストラン。徹底的にこだわった「炭火焼のステーキ、ハンバーグ」「かまど炊きのご飯」「新鮮野菜のサラダバー」を特徴として、飲食業ランキング(利益率)では5年連続で1位または2位を獲得。会社の安定性の指標となる自己資本比率は80%以上を維持しており、業界トップクラス。

【業績面】
4/13に年12月期は8期ぶりの営業減益となったが、前下期から各種の施策が奏功して、既存店売上高が回復傾向にある点は評価できる。18年12月期は積極的な出店で2ケタ増収増益基調に転じる見通しであり、最高益更新が見込まれている。また20年12月期に200店舗の達成を目標としており、中期的な成長期待は大きいとみる。
経常利益は前年同期比41.1%増の8億円に拡大し、上期計画の13.5億円に対する進捗率は59.0%に達し、5年平均の53.3%も上回った。1-3月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の12.1%→14.0%に上昇した。

【トピックスオピニオン】
営業利益は7.8億円で前年同期比41.2%増、上期の会社計画13.2億円に対して高い進捗率となっている。「春のサラダバー」導入などの取り組みによって、平日ランチの大幅な客数増などが図れている模様。前期が減益となっていたなか、業績回復の確度が高まったとの見方が強まっているようだ。

最終更新:5月25日(金)16時23分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ