ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

■5月7日(月)■ コラム バフェットがアップルを大量に買付

堀篤
堀篤 勝率:54%(13勝11敗) パフォーマンス:+19.2
証券マン、上場企業役員、投資家、3つの視点が強み
野村證券、上場企業2社(タカラトミー、インデックス)の役員を経て、2007年、日本マネジコを設立。上場企業への投資・ファイナンスアドバイス・証券会社向け研修事業を行う。著書に「YAHOOファイナンス公式ガイドブック」など、証券アナリスト検定会員
  • コラム [株式]

    ■5月7日(月)■ コラム バフェットがアップルを大量に買付

    5月7日(月)12時51分みんなの株式
5月半ばまでは市場環境が良い中、決算を契機に下落している銘柄に注目してみるのも作戦の一つ
連休中、海外市場の動向に注目をしてきた。
その結果、わかってきたことは、「NY市場は、まだ、十分に業績相場、つまり企業業績と景気の拡大を株価に織り込む状況にはなっていない」ということだ。
つまり、NY市場は現在、東京市場よりも、業績市場への移行が進んでいない、と言えるのではないか。
そうであれば、NYではこれから相場の乱高下が来た後、本格的な業績相場に移る可能性がある、ということだ。
東京市場では、ドル円の動きとの連動性が薄まるなど、比較的明確に、「金融相場から業績相場への移行期」が進んでいるが、NY市場ではそうではなさそうだ。
だとすれば、今後、NY市場が足踏みをし、東京市場が上昇し、両者の格差が解消に向かう、と考える余地がありそうだ。

■デフレ脱却よりもすでにインフレ懸念に怯えるNY市場

日本が連休中のNY市場は、ダラダラ下げた後、急伸した。
米国が週末に発表した雇用統計は、失業率が3.9%と17年ぶりの低水準となった一方で、時間当たり賃金が0.1%増と、予想を大きく下回った。
この二つの発表に対して、株式市場は、前者には売りで、後者には買いで対応した。つまり、「失業者が少ない」ということが、FRBの金融引締めを後押しするだろう、という「懸念」を呼び、「賃金が上がっていない」ということが、逆に金融引き締めを遅らせるだろう、という「期待」を呼んだ、ということだ。
このことは、NY市場が金融引き締めに対する警戒感が、企業業績の向上より優先して株式市場を主導している、ということになる。
これに対する考えられる理由は、すでにNY市場ではここ1,2年、すでに業績相場が展開されてきており、現在はインフレ懸念が生じているのだ、という理屈だ。
しかし、私は、NY市場でここ1,2年、業績相場が展開されたとは考えていない。NY市場で展開されたのは、自社株買い相場でしかない。
原油価格が安定してきたいま、そして法人税減税が実行されたいま、企業は次の成長ステージを目指すべきであり、それを投資家に提示し、成長率の上昇をPERに反映させるべきだ。

■アップル第2位の株主に浮上したバフェット

ウォールストリートジャーナルなど、市場関係の媒体によると、トランプ政権によって施された法人減税により、投資家が期待しているのは、株主還元だという。そして、その資金を設備投資に回すことが、投資家にとってのリスクだとされている。
これもまた、金融相場的な状況下の判断だといえる。
先週末、アップルの株価は、3.9%上昇し、史上最高値を更新した。ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハザウェイが第2位の株主として浮上したからだ。
iPhoneの売行き不振が囁かれるアップルの株価がこれほど好調なのは、法人税減税によって、2690億$(30兆円弱)のかなりの部分(3分の2程度?)が株主還元に回ると期待されているからだ。

米国市場はまだしばらくは、企業の成長性よりは、ROE競争と株主還元、高い金融流動性を材料としそうだ。
東京市場が、さらに企業の成長性に着目した価格形成を進めれば、NY市場とは異なる展開をすることで、ここ20年間の出遅れを取り戻すきっかけになるかもしれない。

IoT関連など第4次産業革命関連
仮想通貨を含むフィンテック第2幕
環境関連の新たなビジネス
東京五輪とそのインフラ活用ビジネス
労働市場変革関連

これらの材料が、東京市場のけん引役であることに、しばらくは変わりないだろう。
特に、3月決算発表後、株価が下落している銘柄を狙うには良いタイミングかもしれない。
5月半ばまでは市場環境が良い中、決算を契機に下落している銘柄に注目してみるのも作戦の一つだ。

最終更新:5月7日(月)13時09分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ