ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

リバウンド上昇中。天井打ちか?更なる上昇か?【2018/05/07-05/011】

横山利香
横山利香 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
チャートと四季報を愛用するテクノファンダ投資
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)、FP、相続士。All 会社四季報オンライン、夕刊フジ、About「株式戦略マル秘レポート」、ZUUonlineなどで投資連載。野球児の母。
予想終了
  • 日経平均 予想期間5月7日

    リバウンド上昇中。天井打ちか?更なる上昇か?【2018/05/07-05/011】

    5月6日(日)8時42分みんなの株式
強いものは強く、弱いものは弱い展開か
日経平均株価は5月2日水曜日、2万2,472.78円で取引を終えました。前回「上昇基調で底堅く推移し、現状はトレンド転換していないよう。引き続きトレンド転換には注意」と解説しました。
株価は目標株価の範囲までリバウンド上昇が継続した一週間でした。

米国の株式市場は下落基調が続いた一週間でした。
ドル円相場はドル買いが一服した一週間でした。

気になるのは、日経平均株価の今後の動きです。

株価チャートを分析する限りでは、株価はリバウンド上昇が継続しました。時間をかけて力をためこんだ可能性が高く、いつトレンドに変化が出てもおかしくはない形状になってきています。上でも下でも、明確にトレンドが出たところでトレンドフォローでよいでしょう。
目標上値は2万2,700円、下値は2万1,600円、それぞれプラスマイナス150円とします。
日本はゴールデンウィーク休暇でしたが、その間も米国の株式市場やドル円相場は取引されています。休暇中をどう織り込むのか、まずは寄り付き後の動きを確認しましょう。
個別企業の決算が続々と発表されています。サプライズ感の強い銘柄に買いが集中する動きが続き、強弱感が対立していると言えるでしょう。
指数は底堅く、個別銘柄は強いものはますます強く、弱い銘柄はとことんまで叩き売られ、それなりの時間を要する可能性も考えられます。
適当に銘柄を選んで、適当に買って儲かる地合いがいったん終了した場合、同じ手法でいつも儲かるわけではありません。
トレンドが確認できるまでは短期売買に努め、確認後はトレンドフォローがよいでしょう。

最終更新:5月6日(日)8時48分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

他の日経平均予想

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ