ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】出光興産<5019>岡安商事・玉川博一

玉川博一
玉川博一 勝率:100%(4勝0敗) パフォーマンス:+6.7 4
勝って奢らず、負けてひるまず
岡安商事㈱法人部法人デリバリー課課長。TOCOM認定石油アナリスト。関西学院大学卒業後、三井物産子会社にて商品市場のマーケット分析に従事。平成20年より岡安商事㈱上席アナリスト。サッカー3級審判員、JFA公認D級指導者。
予想中
  • 日本株 予想期間5月1日~5月31日

    始値(4,250円)→現在値(3,835円)

    【買い】出光興産<5019>岡安商事・玉川博一

    4月27日(金)23時59分みんなの株式
ドバイ原油70ドル超えで在庫評価の恩恵あり
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
出光株価とドバイ原油価格推移

出光株価とドバイ原油価格推移

同社は民族系元売り大手。年明けには4660円まで上昇した出光株価は4/10に3655円まで1000円絡みの調整を演じたが、現在4200円台まで出直ってきている。2/14の四半期決算発表では、ドバイ原油の前提レートを55ドルから60ドルに引き上げて、在庫評価益を280億とした。同社の場合在庫評価にあたえる影響はドバイ原油1ドルにつき約9億、為替1円につき5億の影響がる。4/27現在のドバイ原油は70.38ドルと地政学リスクの高まりで堅調に推移している。ドル円も米長期金利の上昇を受けて109円台としっかりと推移している。同社の前提レートより約+10ドル、+10円足元の相場は吹き上がっているので自ずから在庫評価は高まりそうだ。さらにトランプ大統領が期限が迫ってるイランとの核合意から撤退を表明した場合、経済制裁でイランの原油供給が減少し、原油価格は、ふっ飛びそうだ。そうなるとますます在庫評価は高まるであろう。

最終更新:4月27日(金)23時59分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ