ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

日米首脳会談の行方は?今週のドル円相場(4/16週)

山口哲也
山口哲也 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
為替、株価指数のチャート分析で大人気!!
株式会社フジトミ 国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト
金融機関でアナリストとして経験を積んだのち株式会社フジトミ入社。幅広い手法を網羅した緻密な分析とわかりやすい解説が好評。日経CNBC・東京MXテレビ等メディア出演多数。
予想終了
  • 米国ドル 予想期間4月17日

    日米首脳会談の行方は?今週のドル円相場(4/16週)

    4月16日(月)10時51分みんなの株式
【先週のドル/円の値動きと今週の経済指標】
先週の米ドル/円は続伸。人民元切り下げや習近平主席の演説、また、シリア情勢などを材料に107円を挟んだ展開で推移。週末にかけて、シリア懸念への後退から107円台後半まで上昇。終値は、107.37。
米国市場の終了後、米英仏軍によるシリアへの軍事攻撃がおこなわれたが、シリア軍からの本格的な反撃はなく短期的に終了したことから、週明けの為替市場は、ややリスクオンの雰囲気でスタートしています。

今週は、17日から18日にかけフロリダで日米首脳会談が予定されており注目されます。
特に、今回は北朝鮮問題についての話し合いということですが、ここで為替動向や日米間のFTAなどを含む日米貿易についての議論がおこなわれる場合、円高に進む可能性があります。
その他、経済指標としては、16日の米3月小売売上高、17日の米3月住宅着工件数、米3月鉱工業生産、18日のベージュブックなどがありますが、18日に発表される本邦の3月貿易統計は丁度、安倍首相が訪米中ということもあり、注目しておきたいところです。
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】
【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

【米ドル/円(TFX)週足 チャート】

米ドル/円の週足チャートは、52週移動平均線、26週移動平均線がやや下向き、13週移動平均線が下向きとなっていますが、ストキャスティクスが上向きとなり、価格は107.10前後に位置する13週移動平均線を上回って推移してきているため、ここを維持できるかどうかに注目です。
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】
【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

【米ドル/円(TFX)日足 チャート】

一方、米ドル/円の日足チャートは、価格が基準線(106.21)と転換線(106.89)、雲の下限(107.10)を上回っており、遅行スパンも日々線を上回っているため、これらがサポートとして意識されやすいものと思われます。レジスタンスは先週の高値107.80前後。


このコメントはテクニカルアナリスト山口の個人的な見解で、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

最終更新:4月16日(月)10時51分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

為替レート

通貨ペアBidAsk
米ドル/円
米ドル/円
ユーロ/円
ユーロ/円
豪ドル/円
豪ドル/円

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ