ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

イワキポンプ(6237)をピックアップ!

若林良祐
若林良祐 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
業績急伸の高成長銘柄を徹底分析!
高校生の時より株式投資を開始。株式会社クラウドファンディングにて、大学1年生から企業調査担当として活躍。銘柄選定において直接社長やIR担当とのミーティングを行っており、今後業績が急伸する銘柄などを探すことに使命感を抱いている。
予想中
  • 日本株 予想期間4月2日~4月27日

    始値(3,600円)→現在値(3,620円)

    イワキポンプ(6237)をピックアップ!

    3月31日(土)19時36分みんなの株式
ベアマーケットでの好決算発表銘柄
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
イワキポンプ(6237)に注目したい。
ここは産業用ケミカルポンプの製造会社であり、最近では半導体製造装置向けが急拡大している。半導体製造装置におけるケミカルポンプの役割は薬液などを適量かつ安全に送ることである。硫酸過水やフッ酸などの危険な薬品を扱う半導体ウエハー製造工程において送液用ケミカルポンプは必要不可欠である。さらに、複数分野のポンプを扱っているため、水処理系からエネルギー系まで多くの種類の製品を一度に揃えられることも、顧客のワンストップ化をうながし数字を伸ばしている要因と言えるだろう。近年はフッ化リチウム等の危険な薬剤を多く使用するリチウムイオン二次電池製造工程においても、イワキのケミカルポンプが使用されている。EVへのシフトなどで需要増加が見込まれる分野であるため、半導体以外の事業においても業績拡大の可能性がある。4月には1.5倍に新設された技術センターが完成し、6月から稼働開始によって研究・開発体制が大きく強化される可能性も成長期待要因とみることができるのではないか。
3/15に上方修正を発表したが、地合いの悪化と保守的な修正幅から株価は下落した。しかし、拡大する半導体やリチウムイオン電池マーケットを考えると、現在のPER約13倍という株価水準ではぜひピックアップしたい。

最終更新:3月31日(土)19時36分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ