ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】三社電機製作所(6882)パワー半導体の市場は3兆円超えへ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(186勝218敗) パフォーマンス:-155.5
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想中
  • 日本株 予想期間4月2日~4月27日

    始値(1,623円)→現在値(1,462円)

    【買い】三社電機製作所(6882)パワー半導体の市場は3兆円超えへ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    3月28日(水)13時53分みんなの株式
パワー半導体の市場は3兆円超えへ
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
業種:電気機器
時価総額:231億円
PER:20.09倍
PBR:1.20倍

【第3四半期は売上高31.0%増で営業大幅黒字化】
リチウムイオン電池の需要増加を背景に収益環境に吹く追い風は強い。
1/26に発表した18年3月期第3四半期累計(17年4-12月)の連結決算は売上高が176億6600万円(前年同期比31.0%増)と大幅増収、営業損益は10億7500万円の黒字(前年同期2億1600万円の赤字)と急改善している。通期業績予想は従来見通しを据え置いているが、営業利益は12億円(同5.4倍)を見込んでいるが上振れ期待も出てくるだろう。

【パワー半導体で名古屋に営業拠点設立】
自動車の環境規制強化を背景に世界的な電気自動車(EV)シフトの動きが強まっており、電子デバイスとしてパワー半導体需要が喚起される見通し。同社は同製品を開発・販売する有力メーカーとしてマーケットの注目度が高い。筆頭株主は米テスラやトヨタ自動車と提携するパナソニックであることも思惑を呼んでいる。4月からはトヨタのお膝元である名古屋市に新たに営業拠点を開設し、電源機器やパワー半導体の販売体制を強化する予定であることも、物色人気を高めている。

【パワー半導体の成長に勢い、市場は3兆円超えへ】
半導体関連として代表的なのはメモリー市場だが、それ以外では近年急速に成長過程にある「パワー半導体」市場が注目されている。パワー半導体とは、交流を直流に変えたり電圧を下げるといった、電気エネルギーの変換や制御に使われる半導体のことで、高電圧や強力な電流を扱うことが可能。また電力ロスの少ない形で変換できるのが強みで、鉄道車両などの産業用途からエアコンなどの家電レベルまでその用途は非常に幅広い。今後は、環境規制の高まりから世界的に普及加速の兆しにあるEV向けで需要が急速に伸びてくる公算が大きい。EV向け以外でも、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギー分野で需要があり、市場規模は早晩3兆円を超えてくると試算されている。


パワー半導体や産業用電源機器が主力。パナソニックが筆頭株主。昨秋に小型電源機器事業を買収し、品揃え拡充した。

(3/28現在)

最終更新:3月28日(水)13時53分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ