ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

「完全なる下放れ、新たな下落波動へ」

黒岩泰
黒岩泰 勝率:ありません パフォーマンス:ありません
株価予想の絶対的な法則「窓・壁・軸理論」の提唱者
株式会社黒岩アセットマネジメント代表取締役。株式・先物・オプションで完全成功報酬制の助言業務を行う。主な著書は「究極のテクニカル分析」「黒岩流~窓・壁・軸理論」他。
予想終了
  • 日経平均 予想期間3月26日

    「完全なる下放れ、新たな下落波動へ」

    3月25日(日)8時24分みんなの株式
貿易戦争への懸念、そして国内では森友問題が佳境へ
 本日の日経平均は974.13円安の20617.86円で取引を終了した。米国株急落を受けて、大幅安からのスタート。その後はさらに下値を試す動きとなり、投資家たちはリスク回避の売りを迫られた。

 トランプ大統領が対中貿易の関税強化を発表したほか、マクマスター大統領補佐官を解任、為替が円高に進んだことで、東京株式市場は全面安の商状となった。

 日経平均の日足チャートでは、窓を空けて下落。下方の2つの窓を突き抜けており、完全に「下放れ」の様相となっている。最近1か月半は安値圏でのもみ合い相場が続いており、かなり相場のエネルギーが蓄積されていた。新たな下落波動に突入したことで、しばらくこの流れは続きそう。とりあえず2段下方の大きな窓(19933.40円-20122.00円)を目指す展開となりそうだ。いよいよ2万円割れを覚悟しなくてはならない。

 株式市場は「米中の貿易戦争」を懸念している。トランプ大統領がいよいよ自国民ために公約を実現。「本格的に貿易赤字解消に乗り出した」ということになる。そもそも論から言えば、貿易赤字が多いということは、その分、自国が過剰に消費をしているということ。本来ならば、こちらを是とするべきだが、国際金融・貿易論では「赤字は悪」とされている。「儲からないのだから、それを解消しよう」――そう考えても何ら不思議ではないのだ。

 我々は過去にこの手の報復合戦を何度も見てきた。将来的には関税強化に加え、「為替切り下げ競争」というものに、お目にかかることになるだろう。かつてのブロック経済、のちのリアル戦争を彷彿させるものであり、かなり危険な流れとなる。ただ、今回のトランプ大統領の政策は、野球でいえば高めのボール球。脅しのビーンボールに過ぎない。彼なりの交渉術であり、それほど深刻に捉える必要はないだろう。本気で中国とケンカするわけでもなく、その辺は過剰反応すべきではないと考える。

 そして、国内では、野党による籠池氏との接見が行われている。焦点となるのは、政治的関与がなかったのか否か。当然、「森友事件」は「安倍事案」であり、官邸と官僚のパイプ役がいたと考えるのは至極当然だ。その役割を果たしていたのが、一説によると今井首相秘書官と言われており、佐川氏とも親密な関係にあったという。首相夫人付きの谷氏は経産省からの出向。今井首相秘書官は経産省出身であり、FAX送信時は谷氏の上司という立場だ。このラインが成立すれば、この事案は「官邸主導」であったことが明らかになる。当然、そうなれば安倍首相の責任は免れなくなる。「秘書が勝手にやったことだから」と言い逃れはできないのだ。外堀のみならず、内堀も埋まりかけている安倍政権。「辞任」の一報で、どこまで株価が下がるのか―――投資家は売りポジションを持ちながら、高みの見物といきたい。

最終更新:3月25日(日)8時24分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ