ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

きょうは25日線が下値サポートとなりましたが

斉藤紀彦
斉藤紀彦 勝率:51%(92勝86敗) パフォーマンス:+44.1
独自チャート理論で相場分析する元カリスマ証券マン
元山一證券全国トップセールスマン、ディーラー。山一が廃業後はテレビ出演や雑誌に寄稿。週刊誌では「株の予想屋的中度ランキング1位」に選ばれて特集される。約25年研究を重ねている独自の株価チャート理論を使ったシステムで全銘柄を分析して相場を読み解く。
  • コラム [株式]

    きょうは25日線が下値サポートとなりましたが

    3月14日(水)16時43分みんなの株式
目先は戻り売りの継続だと思います
けさは円高、米国株安を受けて大幅下落で始まったあとは下げ幅を縮小する場面もありましたが、日米ともに政治的な不安定要因を抱えていることから買いは続きませんでした。

ただ後場に入って25日線(今日現在:21672円)に接近する21684円まで下げたところからは、日銀のETF買い期待や押し目買いから下げ幅を縮小しましたが戻りは限定的でした。

森友学園問題の決着の方向が見えにくいことも日本株買いを手控える要因になっていることから、東証1部の売買代金は2兆2537億円と、今年4番目の少なさとなりました。

騰落銘柄数は値上がり708銘柄、値下がり1262銘柄、日経225採用銘柄では値上がり47銘柄、値下がり172銘柄となり、裁定解消売りの影響で値がさ株の下落が目立ちます。

東証業種別株価指数は全33業種中、水産・農林、倉庫・運輸などを除く28業種が下落しました。

日経ジャスダック平均は5日続伸し、東証マザーズ指数は前引けはマイナスでしたが続伸しました。

日経平均は、5日線(今日現在:21681円)と25日線(今日現在:21672円)がミニ・ゴールデンクロスしましたが、過去の動きを見るとゴールデンクロスしたところが目先の高値近辺になることも多いので、これだけではあまり期待はできないと思います。

取引時間中の安値で25日線に接近したところからリバウンドした点は評価できますが、やはり超目先は戻りは売りだと思います。

ペンシルベニア州下院補選では民主党候補が勝利宣言しましたが、中間選挙をにらんでトランプ米大統領が一段と保護主義的な姿勢を強めるとの懸念もあるなか、ティラーソン国務長官の後任が強硬派のポンペオCIA長官になることからも警戒感が高まります。

テクニカル指標も高値圏を示唆するものが出始めてきています。

騰落レシオ6日はきょうは125.82まで低下しましたが、応当日の関係であすあさっては再度上昇しやすくなります。

騰落レシオ25日は107.76まで上昇してきましたが、こちらは応当日の関係で来週から再度上昇しやすくなります。

騰落レシオだけで相場を計ることはできませんが、やはりココから上がるところがあれば超目先は戻り売りだと思っています。

ただ調整が大きくならなければ、中小型株には買いが入りやすい状況が続くかもしれません。

それでも市場全体としてみれば、ジャスダックは過熱感が気になる水準まで来ていますので、銘柄選びは慎重にした方がいいと思います。

最終更新:3月14日(水)16時43分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ