ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

日米共に政局不安で売り先行 21400-21700円のレンジ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

加藤あきら
加藤あきら 勝率:46%(178勝204敗) パフォーマンス:-71.5
あすなろ屈指のアナリスト
国内・外資の大手金融機関で経験を積んだのち、『あすなろ投資顧問』に在籍。
【的確な個別銘柄の売買指示】や【成果報酬会員との取り組み】に日々夢中。
顧客に寄り添うアドバイスで投資家の資産形成をサポート。
予想終了
  • 日経平均 予想期間3月14日

    日米共に政局不安で売り先行 21400-21700円のレンジ◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

    3月14日(水)8時48分みんなの株式
日米共に政局不安で売り先行
●13日のNY株式市場は、利益確定の売りでダウは続落。米商務省が朝方発表した2月の消費者物価指数(CPI)は市場予想と同じ前月比0.2%上昇で前月(0.5%上昇)から伸びが鈍化。トランプ大統領がブロードコムによるクアルコムの買収を禁じる大統領令を出したことで業界再編期待がしぼみ、半導体株が下げ幅を拡大。ティラーソン国務長官の解任については、後任として国務長官に就くポンペオ中央情報局(CIA)長官は保守強硬派かつ反イスラム・親イスラエルの人で、トランプ政権の政策が保護主義色を強めるとの見方や、中東情勢の緊張が意識されたことも相場を圧迫。また、米通商代表部(USTR)が中国輸入品へ関税を課すことをトランプ大統領に提案し、同提案に対しトランプ大統領がさらに厳しい内容にするよう指示したと伝わったことも嫌気され一時231ドル安となり引けでは下げ幅を縮小し2万5000ドルを回復。

●本日の日経平均は日米共に政局不安で売り先行大幅安と読む。
CME日経平均先物の終値は2万1595円で、昨日の東京市場の日経平均終値2万1968円と比べ370円ほど安い水準。

●日経平均株価と上下の節目
 ────────────
 2万2068円 窓上限(2月28日安値)
●2万1968円 昨日終値
 2万1952円 一目基準線
 2万1665円 25日線
 2万1595円 CME日経平均先物
 2万1576円 5日線

●本日の予定
 ─────
8:50 1月の機械受注統計
11:00 中国2月の工業生産高、小売売上高、固定資産投資など
 

●今週の予定

14日(水)
日銀議事録(1月22日、23日開催分)
中国小売売上高、鉱工業生産(2月)
米小売売上高、生産者物価指数(2月)
ドラギECB総裁、講演
メルケル独首相、4期目の就任宣誓

15日(木)
米輸入物価指数(2月)
米NY連銀製造業景況指数(3月)
米新規失業保険申請件数(10日までの週)
 
16日(金)
米住宅着工件数(2月)

18日(日)
ロシア大統領選(第1回投票)

※予定は変更することがあります。

最終更新:3月14日(水)8時48分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ