ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】ソウルドアウト(6553)=中小企業をWeb支援

杉浦和孝
杉浦和孝 勝率:53%(7勝6敗) パフォーマンス:+32.7
企業訪問による銘柄選定に自信あり!
大学卒業後に上場証券に入社後営業職を経験。その後国内証券会社で約10年株式ディーラーを経験。企業訪問や機関投資家向け説明会から、数字だけでは判断できない有望銘柄を発掘。青潮出版社「株主手帳」にて『トリプルエー投資顧問1on1ミーティング』を連載中
予想終了
  • 日本株 予想期間3月12日~3月16日

    始値(3,780円)→終値(4,065円)

    この予想!自信あり

    【買い】ソウルドアウト(6553)=中小企業をWeb支援

    3月9日(金)17時12分みんなの株式
  • 者の弁

    16日(金)には上場来高値4315円を付けるなど、軟調な相場環境で上値追いしました。引き続きの上値追いに期待です!

『押し目買いのチャンス』
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
ソウルドアウトはオプトHD【2389】の子会社であり、荻原社長をはじめ役員もオプト出身者で構成される企業。地方及び中堅・中小企業を対象としたWebマーケティング、HR、IT化を支援しておりサービス展開。


地方の中小企業は、いまだに広告媒体がチラシなどの紙媒体となっており、経営者はネットを活用できていない状態です。その問題を解決するべくWebマーケティング支援において検索リスティング広告やSEO対策、広告のランディングページ導入など顧客の売上拡大を支援。近年はEC業界からのニーズが高く売上高を拡大中です。


HR支援はWeb戦力人材を提供、人材教育などをヤフーとの合弁会社サーチライフや、グロウスギアにてサービス展開。IT支援では子会社テクロコが、アクセス解析・効果測定ツールの導入・設定サービスを行っております。


2016年にヤフーと業務提携した事で、東京以外の中小・中堅企業売上高が拡大。成長戦略として今期である2018年12月期は求人広告『indeed広告』を取扱開始しました。引き続き地方及び中堅・中小企業を対象として成長を続けていく見通しです。


具体的な競合となると、サイバーエージェント【4751】ですが、サイバーは地方でも大阪、名古屋など大都市中心で地方企業には進出していない模様。またある上場企業は、地方からすべて撤退したと萩原社長は証券アナリスト向け説明会で話しておりました。


業績面では1月31日発表の2018年12月期業績予想は、売上高157億(前期比31.6%増)営業・経常利益10億(同26%増)当期純利益6.5億(同24.3%増)となり過去最高収益となる見通しに。


株価は3月2日に4200円の上場来高値を付けてから値幅調整中です。競合他社が少ない業界で成長を続ける企業であり、今後も上値を追っていく可能性が想定されます。また発行可能株式総数から考えますと『1対3』の株式分割も可能で、株価を押し上げる要因も控えております。

最終更新:3月16日(金)17時38分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

プロが選ぶチャンス銘柄 予想中一覧

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ