ここから本文です
株価予想トップ > 予想一覧 > 

【買い】資生堂(4911)好調なインバウンド化粧品需要◆あすなろCEO 大石やすし◆

大石やすし
大石やすし 勝率:45%(161勝191敗) パフォーマンス:-43.0
もっと日本に株式投資を!
あすなろ投資顧問の運営最高責任者。「投資家の勝ちこそ、我々の価値」をスローガンに舵を取る。予想記事内の《WEBサイトチェック》は達人の中でも異色を放つ唯一無二のオリジナルコンテンツ。必見!
予想終了
  • 日本株 予想期間3月12日~3月16日

    始値(6,553円)→終値(6,404円)

    この予想!自信あり

    【買い】資生堂(4911)好調なインバウンド化粧品需要◆あすなろCEO 大石やすし◆

    3月8日(木)12時44分みんなの株式
好調なインバウンド化粧品需要
チャート画像
期間:1日 |1週 |1ヶ月
【WEBサイトチェック】
社長画像___★★★★★   
役員画像___★★★★★ 
デザイン性__★★★☆☆
使いやすさ__★★★☆☆
採用ページ__★★★☆☆
一言メモ___社長や役員の画像は全員あり、好感が持てる。役員は12人中4人が女性で業態柄うなずけます。デザイン性は期待値が高い分もっとオシャレ感があって欲しいところです。

【業務内容】
化粧品大手。トイレタリー・医薬品に多角展開しブランド再構築や風土改革進める。

【業績面】
3/5に業績・配当修正を発表。非開示だった18年12月期の業績予想は連結経常利益が前期比12.0%増の900億円を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通し。業績好調に伴い、従来未定としていた今期の上期配当を15円(前年同期は12.5円)実施するとし、従来未定としていた下期配当も15円実施する方針とした。年間配当は前期比2.5円増の30円に増配となる。

【トピックスオピニオン】
インバウンド需要の復活を意識させたのは8/9に発表した17年12月期業績予想の上方修正。同社が展開する中高価格帯のブランドがインバウンド需要などを背景に好調を極め全体収益に貢献、今期の営業利益は会社側の従来計画である455億円を100億円以上も上回る560億円まで増額した。日本の化粧品は中国人観光客などに大人気、化粧品の輸出額と輸入額が逆転したことが反映され、いったん日本で購入した後は、越境ECによるリピーターに変わり継続的な買い需要が発生する好循環のビジネスモデルとなっている。11/7には米国ベンチャー企業Giaran Inc.買収を発表しAIを応用したパーソナライゼーション技術を取得した。ビューティー分野におけるパーソナライゼーションをさらに進め、新しい消費者体験を生み出ことに期待する。

最終更新:3月9日(金)12時48分

みんなの株式

  • 記事本文

    • 記事本文
    • 銘柄名
    • 達人名
ネット証券会社を比較
ネット証券会社を比較
株式会社みんかぶ
手数料、損していませんか?徹底比較の結果はこちら!
◆注目記事

【ご注意】
Yahoo!ファイナンスのホームページ上に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ